トレース~科捜研の男~
スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

今回はドラマ「トレース」についてのあらすじ、
見どころ、キャストを紹介いたします!

フジテレビから1月7日に放送されるこの「トレース」ですが、
2019年初っ端の月曜9時ということでなんとしても視聴率をとりたいところ・・・

豪華なキャストに科学捜査研究所(科捜研)を舞台としたストーリーで
一体どんな展開が繰り広げられるのか!?

それでは早速ご紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

あらすじ

 

 

 

錦戸 亮さんが演じる真野礼二は、ある陰惨な過去を持つ影のある科捜研法医研究員。鑑定結果こそが真実――他の研究員とは一線を画し、いつも冷静沈着。主観や憶測を排除し、鑑定結果から得られる客観的な真実のみを信じ、刑事であろうと容赦なく反論、闇に葬りさられようとしている真実の欠片(かけら)を見つけ、亡くなった被害者の思いや無念を明らかにしていきます。

また新木優子さんが演じるのは、何の目的もなく科捜研の世界へと足を踏み入れてしまい、遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に関わることになる一方で、被害者や残された遺族に感情移入していく科捜研新人法医研究員・沢口ノンナ。真実を追い求めるあまり“暴走”する真野に巻き込まれて結局は手伝わされるはめになり……。

真野とは全く逆で、長年の刑事の勘を頼りに事件を捜査し、犯人を逮捕することに情熱を注いでいるベテラン刑事・虎丸良平を演じるのは、“サスペンスの帝王”船越英一郎さん。意外にも「月9」は初出演となります。所轄から警視庁捜査一課へ異動した叩き上げ刑事で、所轄時代からの現場魂が今も抜けず、上司やまわりの意見を聞き入れない独善的な捜査をします。部下や科捜研の真野らにきつく当たりますが、根底には真野と同様、被害者のことを思う人情もあります。そんな虎丸は真野が事件に隠されている真実を求め奮闘する姿を見て心が動かされていき……。

真野と向き合うふたりキャラクターの思い、そしてひとつひとつの事件解決までのストロークはまさにジェットコースターのように緊張感たっぷり。年齢も経歴もばらばらの異色トリオが難事件に向き合う姿を1話完結で魅せます!

引用元:https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/introduction/index.html

 

ちなみに、原作者の賀慶氏は
実際に元科捜研の人だそうです。

なので、現場でしかわからないようなリアルな視点で
ドラマが展開されていくというのは非常に興味深いですね。

 

見どころ

 

つづいて、「トレース」の見どころを
個人的に3つに分けてみました。

 

1. 錦戸亮の演技に注目!

 

実は錦戸さん、
月9ドラマの主役は初めてなんです。

月9出演は2011年7月にあった
「全開ガール」以来の出演だそうです。

最近は大河ドラマにも出演したりしていましたが、
今回はいったいどのような演技を見せてくれるのか。

主役だけに今後大注目して

見るべきポイントなんではないでしょうか。

 

2.”リアル”な科捜研を知ることができる

 

先程も紹介しましたが、
原作者の古賀慶氏は元科捜研の人です。

やったことある人しか知らないような
”リアル”な描写も含まれているはずです。

そういった意味では科捜研の裏側を知ることができる
ドラマに仕上がっているんではないでしょうか。

注目すべき部分だと思います。

 

3.サスペンスの帝王降臨(笑)

 

完全に個人的な意見ですが、
サスペンスの帝王こと船越英一郎さんが出演されます。

船越さんが出演するドラマだいたい面白い。(youtuberラファエル風)

・・・ということで、半ば強引な(笑)見どころ部分ではありますが、
ぜひ船越さんの演技も見どころの1つではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

キャスト

 

真野礼二・・・ 錦戸 亮
沢口ノンナ ・・・新木優子
相楽一臣・・・ 山崎樹範
水沢英里・・・ 岡崎紗絵
猪瀬祐人・・・ 矢本悠馬
沖田 徹・・・ 加藤虎ノ介
沢口カンナ ・・・山谷花純

海塚律子 ・・・小雪

市原 浩 ・・・遠山俊也
江波清志 ・・・篠井英介

壇 浩輝 ・・・千原ジュニア

虎丸良平・・・ 船越英一郎

引用元:https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/cast-staff/index.html

 

まとめ

 

2019年1月7日午後9時から放送される
「トレース 科捜研の男」。

豪華キャストを使い、
どのくらいの視聴率が取れるのか。

今後の展開に期待ですね^^

記事を読んでいいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

おすすめの記事