スポンサーリンク

 

最近やたらと”eスポーツ”が話題になってるなぁ・・・
なんか賞金額が凄いらしいし、ちょっくら調べてみますか。
はい、どうもFTCの小山です。
突然ですが、
あなたは“eスポーツ”はご存知でしょうか?
最近話題になりつつある新しいオリンピック競技なんですが、
この”eスポーツ”・・・
大会の賞金額がかなり半端ないんです。
「たかだか、ゲームの大会ごときで」
なんて思っている方もいるかもしれませんが、
なんと賞金額は高いもので「億」はいきます。
ということで、今回は話題の“eスポーツ”についての
賞金額をご紹介したいと思います。
スポンサーリンク

賞金額が最も高い大会BEST3

 

「どの大会が賞金が多くもらえるの?」

 

ということで、

2018年までに開催された大会で

賞金額の高い順にご紹介させていただきます。

 

第1位 The International 2017

 

この大会は2017年の8月2日~12日にかけての10日間の間

アメリカのシアトルで行われた“Dota2”というゲームの世界大会です。

 

優勝賞金はなんと約11億9000万円

賞金総額は約27億1000万円というとんでもない額になっています。

 

ゲームで勝てばこれだけもらえるっていうのは

“夢”がありますね・・・

 

 

第2位 The International 2016

 

続きまして第2位も同じく

アメリカのシアトルで行われたDota2の大会です。

 

2016年の優勝賞金は約10億、

賞金総額は約22億8000万円ということです。

 

やはり桁違いですね・・・

 

第3位 The International 2015

 

第3位も同じくDota2の大会です。

 

優勝賞金は7億2000万、賞金総額は約20億2000万円ということで

ここまでくると「Dota2ってどんだけ金かかってんだよw」

って思いますよね。

 

次でDota2の賞金額について触れたいと思います。

 

Dota2の賞金額はなぜ高い!?

 

Dota2ではゲームの中で試合を観戦するための

チケットを購入することができるそうです。

 

それは一体どういうことなのかといいますと、

要するにあなたの見たい場所や、各プレイヤーの操作など

細かいものを見ることができるそうです。

 

「ものすごく上手い○○さんがここで試合しているから

この試合を見よう!更にプレイヤー視点で見ることもできるし勉強になるな!」

といったところでしょうか。
その他にも、観戦チケットを購入するとゲーム内で使用できる特典がついてくるそうで
それ目当てでお金を出す人もいるそうです。
・キャラクターの見た目を変える事ができるようになる
・オリジナルモーションを手に入れることができる
・試合を細かく見ることができる
といったような理由からゲーマーたちからバンバンと
観戦チケットが売れて賞金総額もどんどん高くなっていったそうです。
それだけゲーム人口も多いってことですね。
スポンサーリンク

まとめ

 

最近話題になってきた”eスポーツ”ですが、

ゲームをして億単位のお金をもらうことが

できるような時代になってきたんですね・・・

オリンピック競技に公式に選ばれたということは
これからさらに世間に広まっていく可能性がありますね。
ということで、
僕もゲームに打ち込むときがきましたかね笑
それでは
記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事