日向坂46
スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

今回はけやき坂46が日向坂46に改名した理由について

解き明かしていきたいと思います。

 

元となる記事はこちら

欅坂46の関連グループ、けやき坂46(読み:ひらがなけやき)が、「日向坂46(ひなたざかフォーティーシックス)」に改名することが11日、分かった。この日、メンバーの柿崎芽実、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、小坂菜緒が行った動画配信アプリ「SHOWROOM」で「ひらがなからのおしらせ」内で、サプライズ発表された。結成後のグループの名称が変わるのは、坂道シリーズで初めて。「坂道シリーズ」4組目のシングルデビューとなる。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00478573-nksports-ent

 

メンバーも改名するということは知らされていなかったということで

いったいなぜ改名することになったのか・・・

 

スポンサーリンク

改名理由について

 

これ、という改名理由はまだはっきりと公開されていませんが、

ツイッターにこんな情報を発見しました。

 

 

“けやき坂46″という名前は商標登録できないというのが、

もしかしたら改名理由の1つかもしれませんね!

 

また”欅坂”という漢字が

単純にわかりにくいというツイートも発見しました。

 

確かに”欅”という漢字は普段あまり使わない漢字なので、

もっとわかりやすいように”日向坂”にしたんでしょうかね。

 

でも“日向坂”も”ひなたざか”じゃなくて”ひゅうがざか”と読んでしまう方も

いるのではと僕は思いますが・・・^^;

 

 

 

改名に対する世間の声は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回はけやき坂46の改名について調べてみましたが、

はっきりとした改名理由については未だに謎に包まれています。

 

もしかしたらそのうち関係者から

信憑性の高い情報が出てくるかもしれませんね。

 

というわけで今後の

日向坂46の活躍に期待しましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事