スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

 

今回は欅坂46のメンバーである「鈴本美愉」さんについて

調べてみました。

 

 

2017年12月31日の紅白歌合戦のステージ上で

過呼吸になり倒れ込むといった事態がありました。

 

 

緊張と不安からくるものだと思いますが、

なぜこのような事態になってしまったのか・・・

 

 

考察していきたいと思います。

 

[quads id=2]

 

スポンサーリンク

出来事の概要

 

『第68回NHK紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホール)

 欅坂46が総合司会の内村光良と

「不協和音」をコラボした企画で、

 

メンバーの鈴本美愉が歌唱後、

ステージ上で後ろに倒れ込む姿が放送された。

 

 

後半トップバッターで登場した欅坂46の出番では共演せず、

内村は「こんなおっさんが紛れ込んじゃだめだよ。

 

一緒に踊るのは夢としてとっておきます」と話したが、

その約27分後、企画コーナーで共演が実現した。

 

 

 消耗の激しい楽曲とあり、

パフォーマンス中にセンター平手友梨奈がふらつく場面も。

 

内村が踊りながら「大丈夫?」と話しかけ、平手がうなずく一幕もあった。

 

 「不協和音」は最後に、

欅坂46のロゴマークの三角形のフォーメーションを作るが、

その中で鈴本が後ろに倒れ込んだ。

 

 

平手は最後のポーズで手が小刻みに痙攣しており、

SNSでは鈴本と平手の体調を心配する声であふれている。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00000368-oric-ent

 

概要から推測すると

やはり緊張と過度な疲れが原因ではないかと考えられます。

 

 

紅白歌合戦は生放送ですし、

観客の数もかなり多いため

 

とてつもないプレッシャーが

あったんではないでしょうか(´・ω・`)

 

 

ネットの声

 

ネットでは心配する声が多数上がっていました。

 

鈴本の倒れ方はやばかったけど、大丈夫かな…。
平手もフラフラでめっちゃ具合悪そうで震えてたし…。
年末は歌番組が多くて忙しかっただろうから、少し休ませてあげてほしい。

 

センターの子も震えて今にも倒れそうだった。
ウッチャンもパフォーマンス中に心配してたね。

 

ウッチャンとのコラボで大盛り上がりになるはずだったが、結果的には無理な企画となった。鈴本さん平手さんの体調が心配。紅白の司会を全うし、盛り上げないといけないからウッチャンは心苦しいだろう

 

不協和音は特に2度やっちゃダメな曲なのに今までも体調ヤバそうだった平手以外が倒れちゃったのは考えたほうがいいと思う。

 

AKB関係のグループ、体調不良・過呼吸って働かせすぎじゃないの?
まだ若い子がここまでなるってよっぽどでしょ。。
若い子預かるんだから、ちゃんと調整してあげないと。

 

 

確かに激しいダンスではあるが、2回目はショートバージョンだったし…
元々、体調不良だったのかもしれないけれど、あんなにフラフラした姿を紅白のステージで見たくなかったな。

 

肉体的疲労よりも、精神的疲労が欅は来ていると思う。
特に平手もだが、地下アイドル経験ある今泉が既に倒れて2回目の休養
今回も地下経験者の鈴本が倒れた。
メンタルケアをしっかりやった方がいい、数ヶ月冠番組以外のTVに出なくても忘れられはしないだろうし、次のシングルまでスパン長く取ってメンタルケアして欲しい

そして、次は平手以外のセンターで精神的な負担を軽減させて欲しい

 

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

といった鈴本さんを

心配する声が多数寄せられていました。

 

 

これがトラウマになって

仕事に支障がでないといいですが・・・

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

紅白歌合戦の途中で過呼吸になってしまった

欅坂46の鈴本美愉さん。

 

 

新年早々話題になりましたが、

早く具合がよくなるといいですね。

 

 

記事をご覧いただきありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事