スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

夏になると、野外フェスやお祭り、

花火大会など、全国各地で様々な催しものが開催され、

考えるだけでもワクワクしてきますね!!

 

その花火大会の中に日本三大花火大会の一つ、

「全国花火競技大会」というものが存在するのをご存知でしょうか!?

 

言ってみれば、花火の「甲子園」みたいな感じです(笑)

 

秋田県大仙市大曲地区の雄物川河川敷運動公園にて、

毎年8月に開催されており、通称「大曲の花火」として知られています。

 

今回はこの「大曲の花火」の2018年大会の日程や、

歴史などについて触れていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

大曲の花火とは?その歴史とは?

 

大曲の花火大会は、「日本煙火協会」が後援していて、

何と「内閣総理大臣賞」まで用意されている、名誉ある花火大会の一つです。

 

歴史は古く、大仙町大曲地区の神社祭典の余興花火として

1910年(明治43年)に第一回目が開催されたのが始まりとされています。

 

第二次大戦で中断はあったものの、

2010年には100周年を迎えている歴史ある花火大会です。

 

花火といったら「夜」のイメージが強いですが、

大曲の花火大会は17時スタートの「昼の部」まで、

存在するのです!

 

さすが花火の甲子園(笑)

 

2018年 大曲の花火大会の日程は?

 

2018年(平成30年)の大曲の花火大会の情報を紹介していきたいと思います。

 

・開催日時

 

平成30年8月に25日(土)に開催予定で、

開催時間は、「昼花火」が17時30分スタート、

「夜花火」が18時50分スタートとなっています。

 

・交通規制について

 

毎年多くの人が訪れる大曲の花火大会。

 

大仙市大曲地域全域で花火大会当日は交通規制が行われます。

 

一般的な「車両通行止め」や「指定方向外禁止」など異なる交通規制が行われるので、

随時確認が必要です。

 

大曲駅では改札制限なども行われ、例年混雑しています。

 

上記の情報はあくまでも目安なので、

当日「NHK秋田放送局」や「秋田放送」「FM秋田」が臨時の交通情報を放送しているので、

確認を怠らないようにしましょう。

 

・大曲の花火大会の状況は?

 

毎年、観光客の増加により大曲地域の路上駐車などが問題にあげられています。

 

会場近くには1台2、000円〜3、000円程度の有料駐車場が用意されており、

会場へのアクセスも良好ですが、有料駐車場が市街地の中にあるため、

花火大会終了後、規制解除の23時30分まで出られないというデメリットもある。

 

当日は、18時頃には会場は人で溢れかえるが、

11時頃までに到着すれば、例年、無料席も確保が出来ています。

 

観覧席はほとんどが団体客向けの販売で、

一般向けの発売分はものの数分で完売します。

 

とても有名な花火大会で、

キャンピングカーなどで前日から泊まり込みで良い席を確保するツワモノも存在するほどです。

 

さすが、花火大会の甲子園(笑)

 

スポンサーリンク

まとめ

 

花火大会の甲子園、「大曲の花火大会」の紹介、

いかがでしたでしょうか!?

 

日本の祭りの風物詩、「花火大会」の権威とも呼ばれるこの大曲の花火大会、

一度は見てみたいものですね。

 

「住んでいる場所が遠くて見に行けない・・・」

 

そんなあなたに朗報があります!

 

 

なんと、この大曲の花火大会は毎年、

NHKの衛星放送で生放送されているのです!

 

音声多重放送で、花火の打ち上げ中は現地の音声のみなので、

まるで現地にいるような感覚で楽しむことができます。

 

考え方よっちゃ、現地にいって渋滞に巻き込まれたり、

交通規制に戸惑ったり、人混みに巻き込まれたりするよりも、

自宅でゆっくりビールでも飲みながら花火を見るのも粋な過ごし方なのではないでしょうか!?

 

テレビ放送ならではの特権で、

副音声では各花火の解説や見所なども紹介してくれるので、

現地とは違った楽しみ方ができると思います。

 

今年も開催される歴史ある花火大会。

 

現地で楽しむも良し、テレビで楽しむも良し、

今年の夏は「大曲の花火」で決まりですね!!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事