スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

は〜るの〜うら〜ら〜の〜隅田川〜♪

 

今年も隅田川にこの季節がやってきました!

 

そう!「隅田川に花火大会」の実施が決定いたしました〜♪

 

夏のお祭りには欠かせない「花火」。

 

家族で見るのもよし!

カップルで見るのもよし!

友達と騒ぎながら見るのもよし!

 

そんな魅力のつまった「花火大会」、

今回は東京で行われる「隅田川花火大会」についてご紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

隅田川花火大会の歴史は!?

 

この花火大会の歴史はとても深く、江戸時代にまでさかのぼります。

 

「コレラ」という病気が流行り、

たくさんの死者がでた1732年の江戸時代。

 

8代将軍、徳川吉宗がその死者の例を弔う方会「川施餓鬼」を、

現在の隅田川「大川端」で催した事が始まりとされているそうです。

 

それ以来、幕府は例年行われる「川施餓鬼」と共に、

悪霊と悪病退散を祈願する目的で、両国の川開の日に水神祭を実施し、

その際に花火を打ち上げた事が、今の「隅田川花火大会」のルーツとも言われているみたいです。

 

これを考えると、隅田川花火大会は300年近くの歴史があり、

「日本最古の花火大会」と言われているんです。

 

 

2018年 隅田川花火大会の日程や、開催場所は!?

 

ここからは、2018年の「隅田川花火大会」の日程や、

開催場所、花火を見るための穴場な場所などを紹介していきたいと思います。

 

「開催日時」

・平成30年7月26日(土)
・19時〜20時30分

※荒天の場合は、翌日の27日(日)に順延となるが、

両日共に実施できない場合は中止となります。

 

「実施会場」

・第一会場 桜橋下流〜言問橋上流
・第二会場 駒形橋下流〜厩橋上流

※第一会場においては、「花火コンクール」の実施を行う。

両国花火ゆかりの業者や、

国内の代表的な花火大会で優秀な成績を収めた業者、計10社によるコンクールです。

花火大会の甲子園みたいですね(笑)

 

「有料席について」

花火大会の運営費や、準備日を「市民協賛金」として募集を募っています。

 

歴史ある花火大会を市民の協力を得て作り上げていこうという、

伝統を守る気持ちが伝わってきますね。

 

この協賛金の寄付をしていただいた人には、

特別観覧席への招待があります。

 

・墨田区側両国親水テラス(蔵前橋〜JR総武線鉄道間)
・台東リバーサイドスポーツセンター野球場
・台東リバーサイドスポーツセンター少年野球場

 

こちらの特別観覧席へのご招待があります。

 

協賛金は1口6、000円〜、

席もイス席、ビニールシート席など、様々用意されています。

 

「協賛金」について詳しくは、

「市民協賛申込要項」を確認してください。

 

又、別途特別観覧席として、

「スカイツリー」や「花やしき遊園地」「浅草ビューホテル」「両国第一ホテル」などでも、

観覧席が設けられており、販売されています。

 

更に、これぞ歴史ある花火大会と言える、

「屋形船」からの花火鑑賞などもあり、花火だけでなく、その風情を楽しむ事も出来ます。

 

スポンサーリンク

隅田川花火大会を見る際の、穴場スポットを紹介!

 

歴史ある隅田川花火大会には、

毎年、なんと100万人近くの人が集まるそうです。

 

数字で見ると、当日の会場の混雑が想像できますね。

 

人混みは嫌いだけど、花火は見たいという方に、

少し会場からは離れますが、その分、ゆったりと花火を楽しめる場所を紹介します。

 

 

・銅像堀公園

墨田区向島5丁目9—1にある公園で、

近くには高い建物などがなく、眺めも素晴らしいスポットです。

 

・汐入公園内土手

東京都荒川区南千住8—13付近にある公園。

会場からは離れていますが、全然花火は見れますし、

なんと言っても、土手からゆったりと花火を楽しめるスポットとなっています。

カップルで行くと雰囲気も出て、良いかなと思います。

 

 

・タワーホール船堀展望塔

東京都江戸川区船堀4—1—1にある「タワーホール船堀」。

 

会場からは結構離れていますが、

その分、人が少なく静かに花火が楽しめる。

展望塔への入場は無料で、距離がある分、

花火は小さく見えるかもしれませんが、第一、第二会場の花火を見る事ができるスポットです。

 

・テレビ(笑)

東京になんて行けないよ!

 

でも歴史ある隅田川花火大会は見てみたい!

という人には絶好のオススメスポット(笑)

当日、生放送で放送されるので、

花火大会の雰囲気を味わいながらビールを飲む!なんて一時も良いかもしれませんね。

私的には、一番の穴場スポットだと思っていますよ(笑)

 

まとめ

 

今年も開催される「隅田川花火大会」。

 

家族で、カップルで、友人と楽しんでください。

 

又、当日の天候によっては、

順延、中止の可能性もありますので、順次更新される情報に目を向けて下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事