スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

夢のようなゴールデンウィークも終わり、

5月病にかかっている人もいらっしゃるのではないでしょうか!?

 

日本には様々な伝統行事があり、7月には「七夕」があります。

 

七夕といえば、「織姫さまと、彦星さま」のお話だったり、

「短冊に願い事を買いて、笹の葉に飾る」という風習が一般的にだと思います。

 

しかし、伝統行事といのは面白いもので、

各地域によっては、その行事の由来の伝わり方が異なっていたり、

風習や習わしも異なるのです。

 

今回は、七夕の日には何を食べるのか!?というテーマで、

各地域によっても異なる行事の食文化について伝えていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

七夕の日には一般的に食べると言えば!?

 

7月7日の七夕の日に食べる一般的な物と言えば、「そうめん」です。

 

七夕の日にそうめんを食べる、

供えるという文化はなんと、平安時代から続くそうです。

 

そうめんを食べる事にもしっかりと由来があり、

お隣の国、中国では7月7日に「索餅」(さくへい)という、

そうめんの原型と言われている物を食べる習慣があるそうで、

これが日本に伝わったとされています。

 

そうめんを「糸」に見立てて、「芸事(機織)に長けるように」、

そうめんの原料となる「小麦」には、毒を消すという言い伝えがあり、「健康成就」。

 

そうめんを「天の川」に見立てて、

「恋愛成就」という意味合いも込められているそうです。

 

 

地域によって色々!七夕の日に何を食べる!?

 

七夕の日には一般的に「そうめん」を食べ、

なぜ”そうめんか”という意味も説明しました。

 

しかし、地域によっては、独自の文化がある地域もあります。

 

今回、面白いと思った地域は、「九州地方」で、

九州地方の奥地の方では「みょうが饅頭」を食べる風習があるそうです(笑)

 

全くそうめんと関係ないじゃん!!と思いますが、

この理由が面白く、この地域では、夏場になると毎日のように食卓にはそうめんが出されるので、

七夕の日にそうめんを出されても「特別感がない!」という説があるそうです。

 

又、その地域のスーパーには、

七夕の日になると「七夕まんじゅう」というのが並ぶそうです。

 

地域性や、あえてそうめんを食べない理由も面白いです。

 

更に、長野県では七夕の日になると、

「ほうとう」にあんこをつけて食べる習慣があるそうです。

 

各地域によって、お祝いの仕方が異なるのも、面白いですね。

 

 

スポンサーリンク

地域によっては、七夕の日が異なる!?

 

 

こちらは食べ物とは関係ないのですが、

地域によっては七夕の日(7月7日)が異なる地域も存在するのです。

 

それにも理由があり、元々は明治時代以前までは旧暦に従い年中行事を行ってきました。

 

しかし、明治時代以降は、旧暦から新暦(太陽暦)に変わり、

計算方法も変わり、1ヶ月程季節にずれが生じてきました。

 

「七夕」というのは「夏の行事」というのが一般的ですが、

これは「新暦」の7月であり、「旧暦」の7月は「秋」に当たります。

 

旧暦の7月7日のままで七夕を迎える地域が多い中、

元々の季節感に合わせたいと考える一部の地域では、

「月遅れ」といって、七夕の日を1ヶ月ずらしてお祝いする地域もあるのです。

 

「月遅れ」で七夕をお祝いするメリットもあり、

通常の7月7日はちょうど「梅雨時」にあたるので、

夜に綺麗な星空を見られないという事が起きます。

 

しかし、「月遅れ」でお祝いをした場合にはそのような心配はなく、

綺麗な星空が見られるというのです。

 

 

まとめ

 

やはり一般的に七夕の日に食べる物と言えば「そうめん」でしょう。

 

しかし、一番大切なのは、その行事を祝うという気持ちが大切であって、

何もしないよりは、季節感を大事にし、家族みんなで楽しめれば良いなと思います。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事