スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

7月7日は「七夕の日」というのは、ほとんどの人が分かっている事ですが、

七夕の日にやる事って、「短冊に願い事を書いて、笹の葉に飾る」といった感じでしょうか!?

 

もちろん間違ってはいませんが、

七夕の日の由来や意味を知っていますか?

 

もし、子どもに

「何で願い事書くの?」と聞かれたら答えられますか?

 

日本には昔から引き継がれてきた伝統的な行事が多々あります。

 

地域によっては習わしや風習は違えど、

一つひとつの行事には「由来」や「意味」があります。

 

それを知る事で、行事に対しての向き合い方も変わってくると思うので、

今回は簡単に「七夕の由来」について、紹介していきたいと思います。

 

子供でもわかるよう簡単にご説明したいと思います!

 

 

スポンサーリンク

なぜ、七夕の日には短冊を飾るの!?

 

七夕の日と言えば、短冊に願い事を書いて、

笹の葉(竹)に飾ります。

 

それには理由があり、竹というのは短い期間でとても長く、

高く成長していきます。

 

それに願い事を書いた短冊を飾る事で、

伸びた竹が神様への目印となり、

神様が上手になりたい事や、叶えて欲しい願い事を叶えてくれるのです。

 

かなり簡単な説明となりますが、

子どもに「何で短冊を飾るの?」と聞かれた時にこの説明をすると、理解が深まります。

 

又、実際に竹を見せる事で納得感も深まるでしょう。

 

 

七夕の日の由来は!?

 

七夕の日の由来には様々な説があります。

 

特に「乞巧奠」(きこうでん)という中国の風習と結びついているとされていますが、

子供に「七夕はね昔、中国の・・・」なんて話しても分かりゃしません(笑)

 

なので、簡単に有名な「織姫と彦星の七夕伝説」で由来の紹介をしていきたいと思います。

 

昔、神様の子どもの「織姫」という女の子と、

「彦星」という男の子がいました。

 

2人は出会うととても仲良くなり、すぐに結婚し、

幸せに暮らしていました。

 

その幸せそうな織姫の姿を見た神様もとても喜んでいました。

 

しかし、元々は働き者だった2人は、

結婚をした後は、仕事よりも遊ぶ事に夢中になってしまいました。

 

そんな姿を見た神様は怒り、織姫を川の端っこに、

彦星をその反対側の端っこに連れて行き、会えなくしてしまいます。

 

会えなくなった2人はとても悲しくなり、

「毎日仕事を頑張ったら、1年に1回合わせてもらう」と、神様と約束を交わします。

 

それからは、織姫と彦星は毎日仕事を目一杯頑張り、

1年に1回、7月7日の夜に会う事が出来るようになったという話です。

 

この話に出てきた「川」が「天の川」の事で、

七夕の日は天の川をまたいで織姫と彦星が出会っているというお話です。

 

子ども向けの説明なので、最後には

「夜になったらお星様を見てね。もしかしたら、

織姫と彦星が見えるかもしれないよ」と話を締めます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

七夕の日由来の元を探れば、「七夕(しちせき)の節句」という

日本の五節句の一つであったり、中国からの風習と言われています。

 

ですが、子どもに「七夕の日ってなに!?」と聞かれて、

難しい言葉で説明しても、内容を分かってもらえなければ、意味がありません。

 

簡単に、分かりやすく説明する方が子どもにとっても良いですし、

そこから興味を示した子ども達が、

自分でどんどん調べていく「探究心」に繋がる可能性も出てきます。

 

七夕の日の由来を説明するときのポイントは2つ!

 

・織姫と彦星のお話

・短冊を飾る意味

 

これを伝える事で、

大まかな七夕の日の由来は伝わります。

 

せっかくの行事なので、何となく過ごすのではなく、

その行事の意味や由来を子ども達に伝えていき、楽しめると良いと思います。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事