スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

仕事や日常のストレスの発散方法に

「ギャンブル」を選択する人も多いでしょう。

 

今はパチンコ店というのは数多くあり、

仕事帰りや休日に気軽に行えるギャンブルとして人気を集めています。

 

しかし、いくらストレス発散でパチンコを行うといっても、

大事な現金を賭ける以上、リターンを求めたくなるものです。

 

ストレス発散で取り入れたパチンコで、大事な現金を失った人、

ぜひ今年の負けた分を来年取り返しませんか!?

 

そこで今回は、2019年におすすめなパチンコ台や、

勝率を高める方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

○2019年、おすすめパチンコ機種

 

数あるパチンコ台の中で2019年におすすめしたいパチンコ台はこれです!

・CR聖戦士ダンバイン

・CR聖闘士星矢‐BEYOND THE LIMIT

・真・北斗無双

 

○CR聖戦士ダンバイン

 

 

メーカーは「サミー」で、

デジパチタイプです。

 

基本的な打ち方としては左打ちで、

電サポ中や大当たり中は右打ちで消化となります。

 

大当たり確立は通常時「319,7分の1」、

ST中「32、4分の1」となっており、

大当たり出玉は300~1200個で、平均連チャン数は12,5回となっています。

 

ゲームの流れとしては、通常時からの大当たりには

「オーラボーナス」と「フェラリオボーナス」があり、

「オーラボーナス」だと、終了後はST80回転の「ダンバインRUSH]に突入し、

「フェラリオボーナス」では、ラウンド中にビルバインギミック完成で

「ダンバインRUSH」突入となり、非完成では3R通常大当たりとなります。

 

おすすめポイントとしては、出球が特別多いわけではありませんが、

その分ST当選への振り分け確立がまぁまぁ高く、

当選時の連チャン確立も高いという点です。

 

CR聖闘士星矢‐BEYOND THE LIMIT

 

 

上記の動画はスロパチステーションの

いそまるくんが打っている動画になります。

 

この台は2019年の今だと古い台になるんですが、

検定などを考えるとまだまだ稼働できる超ハイスペック台です。

 

ヘソでの大当たりの50%で確変に入り、

電チューの50%で10R、もう50%で16Rと出玉感はかなりあります。

 

しかも旧基準機ですので、継続率が約77%と

MAXの牙狼を彷彿させる台となっています。

 

波に乗れば2万初Overもあっという間に達成できてしまう

まさに勝負台といっていいのではないでしょうか。

 

○真・北斗無双

 

 

メーカーは「サミー」でSTタイプの機種です。

 

「北斗の拳」シリーズはパチンコのみならず、

パチスロでも人気を集めています。

 

今回の機種には「無双」とついているように、

作中では雑魚キャラを次々と一掃していく様も爽快感となるでしょう。

 

肝心のゲームの流れとしては、

通常時に図柄揃いで大当たりとなります。

大当たりの振り分けは「6R通常」では、時短が100回転ついており、

この時短中に引き戻せる確立は約27%、「6R確変」ではST突入が確定し、

ヘソ入賞時「6R通常」も「6R確変」も共に50%となります。

 

「幻闘RUSH」ではST130回転以内に81,2分の1の当たりを目指し、

演出としてはこちらが選択できるキャラが16種類、

敵キャラも24種類いて、様々なバトル演出を楽しむことができます。

 

この機種の特徴はヘソ入賞時の通常大当たりと、

確変大当たりの振り分けが共に50%という点と、

多彩な演出、原作とは異なる「北斗の拳」が楽しめるという点でしょう。

 

雑魚キャラを一掃する演出などはストレス発散にもってこいですね。

 

○パチンコで勝率を上げるためには?

 

上記で紹介したパチンコをプレイすれば必ず勝てるという訳ではありません。

ギャンブルには「必勝法」というのはありませんが、「勝つ確立を高める」とう方法は存在します。

パチンコで勝つ確立を高める方法というのがこれです。

・イベント日を狙う

・釘を見て回転率を考える

・やめ時を決める

 

○イベント日を狙う

 

パチンコで勝つ、負けるという考えではなく

「勝つ確立を高める」という考えを持ちましょう。

そこで大切なのは「店側の気持ちになって考える」です。

 

パチンコ店というのはほとんどの場合が単体で店があるわけでなく、

必ず近くに別のパチンコ店があるはずです。

 

客からするとA点とB点を比べる時に、

絶対に「出している店が良い」と考えます。

 

そこで、店側は「私達のお店はB点よりも出しますよ!お客様に還元しますよ」

というアピール合戦で様々な「イベント日」を設けるのです。

 

しかし、イベントの旗を見て店に入ったものの、

まるっきり客足はなく、どの台も出ていないという劣悪点も中にはあります。

 

まずは自分が通うホールのイベント日の客の出入り、

出玉感を把握しましょう。

 

良いホールだと、

イベントの日に客を集めてしっかりと還元してくれます。

 

そうすれば、イベントじゃない日でも客は集まります。

 

まずは自分の通うホールのイベント日の見極めを行うことと、

無鉄砲にホールに通うよりは、客を集め還元してくれるイベント日を狙うほうが

「勝つ確立」はグッと上がります。

 

◯釘を見て回転率を考える

 

やはりパチンコの命といえば「釘」。

 

しかし、素人からするとどの機種も釘の形は同じにしか見えません。

 

ほとんどの人がそうです。

 

しかし、同じ1000円で30回転回る台と、

25回転しか回らない台では、絶対に「30回転回る台」を選びますよね。

 

パチンコで負ける人がやりがちなことは「もう少し回せば当たる」

「当たるまでやる」というような、「一点張りな考え」です。

 

パチンコの当たりの確立は機種によって異なりますが、

1回転1回転その機種の大当たり確立で抽選されています。

 

なので、「この台、もう少し回したら当たりそう」

「当たるまで回す」という考えは大当たり抽選とは全く関係なく、

釘の設定がきつく、回りが良くない台をぶん回したところで

大事な資金を減らしていくだけなのです。

 

目を付けた台を3000千円づつ回し、

その中で一番回転率の高い台を打つという方法が

「勝つ確立」を高める打ち方なのです。

 

○やめ時を決める

 

ギャンブルで一番難しいのが「やめ時」です。

 

パチンコにおけるやめ時で有効なのは、

「資金を設定する」「大当たり後すぐに止める」「時間を決める」です。

 

まず、その時に使える資金を初めに設定することは一番有効な手段で、

最も取り組みやすい方法です。

 

手元に資金が無ければやりたくてもやれませんからね。

 

次は「大当たり後、すぐに止める」です。

 

これは難しい方法にあたりますが、パチンコの大当たり抽選は、

1回転ごとにその機種の大当たり確立で抽選されます。

 

「回せば回すほど当たりに近づく」ということはなく、

329,1分の1の確立であれば、1回転目でも1000回転目でも、

同じ確立で抽選され続けているのです。

 

なので、大当たり後側止めしても、

次に座った人が「当たりやすい」ということはありません。

 

大当たり後側ヤメできれば、

出球も確保できるので一番メリットが大きいのです。

 

そして最後は、「今日は何時まで」と時間を聞めることです。

 

この方法は自分との戦い感が強いですが、

パチンコは運要素も大きくなってくるので、当たる日は当たる、

当たらない日は当たらないということがほとんどです。

 

当たらない日に打ち続けると、

負けが込んでしまいますよね。

 

時間を決めて割り切ることも大切なのです。

 

スポンサーリンク

○まとめ

 

パチンコはストレス発散として楽しむ人も多いですが、

やはり現金を使って現金を設けるとなると立派な「ギャンブル」になっていまいます。

 

ストレス発散のはずが負けが続くと、

それ自体にストレスを感じてしまいます。

 

ギャンブルには必勝法は存在しませんが、

自分の心を自制することができればある程度、勝つ確立を高めることはできます。

 

今回おすすめした機種は決して「打てば勝てる機種」という訳ではありません。

 

出玉に関して言えばハイリスク、ハイリターンな機種もあれば、

比較的大当たり抽選が柔らかく打ちやすい機種、

演出が多彩で「ストレス発散」に繋がる機種という視点でおすすめをしました。

 

パチンコはあくまで「ギャンブル」なので、

のめり込みすぎないようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事