スポンサーリンク

 

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

夏の遊びと言えば、室内にこもりっぱなしよりも、

バーベキュー、海水浴、プールで泳ぐ!というのが一番でしょう!!

 

しかし、最近の女性は、日焼けを気にし過ぎたり、

砂で汚れるのを嫌がったり、海水での肌のベタ付きを嫌がる傾向にあります。

 

だけど、泳ぎたい。

 

夏に向けて磨き上げたナイスバディを彼氏に見せつけたい(笑)

 

そんな方必見!「ナイトプール」というのをご存知でしょうか?

 

その名の通り、夜にプールに入る事です。

 

夜という事は、日焼けを気にすることもなく、

プールなので砂汚れや、海水でのベタ付きも気にする事なし!

 

今回は関西にある「カップルで楽しめるナイトプール」、

しかもコストパフォーマンスも抜群な場所を紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ナイトプールの楽しみ方とは!?

 

ナイトプールの一番の良さは、

やはり夏の日差しを気にしなくても楽しめる事!だけではないのです。

 

ナイトプールはホテルなどのプールで開かれている事もあり、

もちろん、フードやドリンクも充実していますし、

もちろんお酒も楽しめる、「夜」という独特な大人ムードを味わう事もできます。

 

又、様々なイベントが開催されており、プールサイドにDJブースを設け、

クラブ気分を味わったり、夜のプールは様々な照明で照らされており、

 

幻想的な空間を写真や動画に収めることで、「インスタ映え」が狙えたりと、

「泳ぐ」以外にも楽しみ方が満載です。

 

 

コストパフォーマンス抜群な関西のナイトプールはどこ!?

 

「ホテル ニューオータニ大阪」

 

ホテル ニューオータニ大阪

 

二刀流「大谷」がブームだからここを紹介した訳ではありませんよ(笑)

 

ホテル ニューオータニ大阪のプールは日中、

子ども達がおおしゃぎで騒ぐほど、大盛況です。

 

しかし夜になると一変。

 

ライトアップはもちろん、

プールサイドに隣接する「THE WATER TERRACE」では、

様々な料理や、ドリンク、アルコールを味わう事ができます。

 

カップルで行けば幻想的な空間の中で、

くつろぎのひと時間違いなしです。

2018年のナイトプール開催期間は、

7月14日から9月17日、時間は18時30分から22時までとなっています。

 

(料金設定)

「平日」

・宿泊→大人 2000円
・外来→大人 5000円
・レディースデイ→ 4000円

 

「土・日・祝日」

・宿泊→大人 2000円
・外来→大人 6000円

 

※平日、土・日・祝日、いずれも子ども料金は無料となります。
(対象年齢4歳から12歳まで)

 

 

「大阪城ウォーターパーク」

 

大阪城ウォーターパーク

 

こちらはホテル常設のプールではなく、大阪城公園に特設されたプール。

 

まさに「プールを楽しむ」という事を一番に考えられた施設で、

高さ10メートルからの大ジャンプが可能な「ジャンピングスライダー」や、

「ウォータースライダー」ジェットコースターを思わせるような急上昇、

 

急下降を体感できる「ブーメランスライダー」長さ120メートルを誇り、

LEDでライトアップされた「光のトンネル」など、様々なアトラクションがあります。

 

カップルで行けば大盛り上がり、

仲もグッと良くなること間違いなしです!

 

(料金設定)

 

・平日

大人(高校生以上)→ 2500円
子ども(3歳から中学生)→ 2000円

 

・土日

大人(高校生以上)→ 2700円
子ども(3歳から中学生)→ 2200円

 

※どちらも入場料に「1ドリンク」のサービスがついています。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

夏の遊びを楽しみたいけど、日差しの強さや、

特に女性にとっては日焼けなど、夏ならではの問題が付いて回ります。

 

そんな時にナイトプールはかなりオススメなスポットと言えます。

 

プールを楽しむだけではなく、

大人がしか味わえない「夜の雰囲気」を楽しむことで、

特にカップルの場合は2人の距離がグッと近くのではないでしょうか。

 

今年の夏は、デートの場所として

「ナイトプール」を選んでみてはいかがでしょうか!?

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事