スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

暑い季節がやってきます。夏といえば「海水浴!」

 

家族、カップル、友達と一緒に泳ぐのも良し、

シュノーケリングや、サーフィンといったマリンスポーツを楽しむも良し!!

 

しかし、「人がたくさんいる場所は疲れる」

「できるだけゆったりと楽しみたい」という人も中にはいるので、

今回は関東圏内にある、穴場海水浴場を紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

今年の夏はココで決まり!関東、オススメ穴場海水浴場ランキング!

 

第5位「一色海岸」(神奈川県三浦郡葉山町一色)

 

一色海岸

 

 

リゾート地であり、葉山町にある穴場ビーチ。

 

磯遊びも楽しめ、比較的浅瀬なので

小さい子どもも安心して遊ぶ事ができます。

 

人が少ないにも関わらずオシャレな海の家もあり、

食べ物や飲み物に困る事もなし!

 

遊びはもちろん、夕方になると天気の良い日は、

夕日の先に富士山が見え、カップルのくつろぎの場としてもおすすめです。

 

 

第4位「吉佐美大浜海水浴場」(静岡県東部下田市吉佐美)

 

吉佐美大浜海水浴場

 

都内からのアクセスは新幹線や在来線の乗り換えが必要で、

少し不便な面がありますが、そうまでして行く価値のある海水浴場です。

 

770メートルという広々とした白い砂浜に、

透明度の高いキレイな海はとてもキレイな景色です。

 

少し波の強い地域ですが、

雄大な白い砂浜の向こうに見える白波もマッチしていて、見る人を魅了します。

 

波が高いといっても、浅瀬の場所や、

海水が少したまったくらいの場所もあるので、小さな子どもも十分楽しめます。

 

近くにはカフェなどの飲食店も豊富なので、

たっぷり遊んだ後はゆったりと食事を頂く事もできます。

 

海水浴を楽しむ人はほとんど地元の人で、混雑もありません。

 

夏は海水浴を楽しみ、冬は風が強いので、

サーフィンを楽しむ人もいたりと、一年通して楽しめる海水浴場となっています。

 

 

第3位「入田海岸」(静岡県下田市吉佐美)

 

入田海岸

 

 

こちらも静岡県東部下田市にある海水浴場。

 

白い砂浜に、伊豆半島きっての透明度の海が、

南国ムード漂わせ、まるで沖縄にいるような感覚になります。

 

入田海岸の海は、天気によってはエメラルドグリーンに見えたり、

スカイブルーのような透明感あふれる色に見えたりと、その変化も楽しめます。

 

ビーチ部分も広く、波打ち際も遠いので、

小さな子どもでも安心して楽しめます。

 

遊泳禁止区域ではサーフィンや、水上バイクなどのマリンスポーツも楽しめたりと、

家族、友人とゆったりとアクティブに楽しむ事ができる海水浴場です。

 

 

第2位「観音崎」(神奈川県横須賀市鴨居)

 

観音崎

 

三浦半島の西部に位置し、東京湾を行き来する船が見れたり、

海水浴、磯遊び、バーベキューなどが楽しめる海水浴場です。

 

海水浴を楽しむのはもちろん、

この海水浴場の一番の特徴は、「様々な船が見れる」ことです。

 

東京湾を行き来する船だけでなく、自衛官やタンカー、

日によっては豪華客船まで見ることができます。

 

地元のカップルは海岸を散歩したり、

ゆったりと船を眺めるという青春真っ盛りなデートスポットとして利用しているようです。

 

様々な船が見られるのは小さな子どもにもオススメです。

 

 

第1位「伊師浜海水浴場」(茨城県日立市十王町伊師)

 

伊師浜海水浴場

 

海岸沿いに連なる松林と、

白い砂浜が美しく「白砂青松百選」にも選ばれるほどの名スポット。

 

ビーチ周辺はウミガメの産卵場所ともなっていて、

特別感あふれる海水浴場です。

 

海水浴場といっても遊泳範囲が狭く、

小さい子どもを遊ばせるのにはもってこいの場所で、

家族で行く海水浴場としてオススメします。

 

無料のシャワーや、更衣室、キレイなトイレも完備されている割には、

周辺は田んぼが多く人気が少なくゆったりと楽しむことができます。

 

近くには日帰り温泉施設もあるので、

設備も整った、穴場海水浴場と言えるでしょう。

 

 

まとめ

 

「海水浴に行きたいけどあまり人が多いところはちょっと・・・」

 

と言ったあなたに向けた穴場海水浴場を紹介させていただきましたが、

いかがだったでしょうか?^^

 

ひっそりと海水浴を楽しみたいなら

ぜひ行ってみてはいかがですか(´・ω・`)

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事