スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

 

いきなりですが、

僕ラーメンってめちゃめちゃ好きなんですよ(*´∀`)

 

 

特に背脂チャッチャ系と言われている

ラーメンは大好物なんです。

 

 

一概にラーメンといってもいろいろ種類がありますが、

今回は僕の地元である新潟県の有名で美味しいラーメン屋さんを

ご紹介したいと思います。

 

[quads id=2]

 

スポンサーリンク

なんていうラーメン屋さん?

 

僕が今回ご紹介させていただくのは

新潟県燕市にある「杭州飯店」さんです!

 

杭州飯店

 

地元じゃ誰もが知っている老舗で、

オープンする前から20人も並ぶようなお店です。

 

 

昼時になるとすぐに

ほぼ満席になってしまうくらい人気です。

 

 

どんなラーメンなの?

 

ラーメンの特徴としては

冒頭でも触れたように

背脂チャッチャ系のラーメンとなっています。

 

↓のような感じですね(´・ω・`)

 

杭州飯店

 

どうですか?

 

僕は見るだけで

よだれが出てきます・・・(^q^)w

 

 

ラーメンは魚介系のダシをきかせた上品な味わいとなっており、

さらにうどんのような極太麺が特徴的なラーメンです。

 

 

ちなみに背脂については「抜き」「少なめ」

「普通」「大脂」と調節が可能になっています。

 

 

「ギトギトしていてお腹にきそう・・・」

 

って思うかもしれませんが

案外あっさりしているんです。

 

 

なぜかというと

背脂の下にあるスープは醤油ベースのあっさりとしたスープなため

思っている以上に食べやすいんです!

 

[quads id=2]

 

スポンサーリンク

背脂ラーメンのルーツとは?

 

言うのを忘れていましたが、

背脂ラーメンを一番最初に始めたのが

何を隠そう杭州飯店さんなんです。

 

 

では、「なぜこのようなラーメンが出来上がったのか?」

と疑問に思いますよね(´・ω・`)

 

 

元々燕市というのは

洋食器の製造が盛んな場所でした。

 

要するに工場がいっぱいあったんです。

 

工場で働いている作業員の方達へ出前として

このラーメンが生まれたんだそうです。

 

 

蒸し暑い工場で汗をダラダラ垂らしながら働く作業員の為に

塩分を多くしました。

 

 

しかし、このままだとしょっぱすぎるため

塩分を緩和させるということで

背脂を取り入れたそうです。

 

 

また、出前の移動中にラーメンが冷めないようにということで

背脂をビッシリ浮かせたともいいます。

 

 

そして、ちょっとの時間で麺が伸びないように

極太麺にしたそうなんです。

 

 

こういった相手の事を考えて作られたのが

現在の杭州飯店のラーメンなんです(`・ω・´)

 

 

まとめ

 

新潟県燕市にある元祖背脂ラーメン「杭州飯店」さんに

機会がありましたら是非ともいってみてはいかがでしょうか(´・ω・`)

 

 

ラーメンだけでなく、

餃子もデカくて美味しいですよ~(*´∀`)

 

 

背脂ラーメンが好きな人は

絶対に食べたほうがいいですよ!

 

 

新潟に遊びにきた方は

行ってみてくださいね(*´∀`)

 

 

記事をご覧いただきありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事