スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

トマトには、サラダやパスタといった様々な食べ方があります。

 

健康を気にして野菜を食べようと考えている人には、

気軽に食べられる野菜として人気が高いです。

 

しかし、トマトには様々な効果がある事をご存知でしょうか!?

 

生で食べるイメージの強いトマトですが、

焼いて食べると栄養は失われるのか!?

 

トマトには含まれる代表的な栄養素「リコピン」について解説します。

 

 

スポンサーリンク

リコピンが持つ効能とは!?

 

トマトには多くの「カロテノイド」という、

生物や植物が持つ、赤やオレンジ、黄色といった天然色素が含まれています。

 

トマトの赤色も「カロテノイド」の持つ色素で、

これが「リコピン」となります。

 

そしてこのリコピンには強力な「抗酸化作用」があります。

 

この「抗酸化作用」は活性酸素の増加を手助けし、

コレステロールの酸化や、血栓の分解に役立つのです。

 

トマトを食べる事で、動脈硬化、脳梗塞、

生活習慣病のリスク低減の効果が持てます。

 

更に、トマトにはダイエット効果も期待が持てます。

 

トマトそのものではなく、「トマトジュース」に含まれている成分に脂肪燃焼効果があるので、

食前に飲む事でその栄養素も摂取しつつ、お腹も膨れるのでおすすめです。

 

しかし、トマトジュースには塩分も多く含まれているので、

ダイエットに効果的だからといって、飲み過ぎは注意が必要です。

 

 

トマトを加熱すると、栄養素は失われる!?

 

トマトの素晴らしき栄養素、その効果を紹介したところで、

次は、「加熱したら栄養素は失われるのか!?」について解説します。

 

トマトベーコン、トマトの串焼き、卵との炒め物、

加熱料理でも十分美味しく食べられるトマトですが、結論から話すと、

加熱しても栄養素は失われません!!

 

特に「リコピン」は、加熱する事で体内に吸収されやすくなり、

なんと、加熱前に比べて約3倍の吸収率になるのです!!

 

注意が必要なのは、「リコピン」は皮に多く含まれているので、

茹でて皮を剥いてしまうと、結果、栄養素が失われる事になります。

 

更にトマトには「ビタミンA」も多く含まれています。

 

このビタミンAも加熱する事で吸収率がアップします。

 

ビタミンAは「脂溶性」で、脂で炒める事で吸収率が更に高まるのです。

 

こうやって見るとトマトは生でも良し、加熱しても良し、

栄養豊富な食材という事がわかります。

 

しかし、トマトに含まれている「ビタミンC」だけは、

水溶性ビタミンなので加熱する事で流れ出てしまうのです。

 

このビタミンCはトマト1個に対して150g

(1日に必要なビタミンCの半分)も含まれているので、

もったいない気がします。

 

ですが、トマトスープにする事で流れ出たビタミンCの摂取は可能となります。

 

更に更に、トマトは加熱に強い「料理用トマト」

スーパーなどで売られている事があります。

 

皮が厚く、加熱しても果肉が崩れにくく、

栄養成分の吸収率も良い、正に万能食材なのです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

夏場の暑い日には冷やしトマト、

寒い日には焼きトマトなど、バリエーションも様々な食材です。

 

しかもどのように食べても豊富な栄養成分をしっかりと摂取できる

というのが嬉しい限りです。

 

結論を言うと、トマトは加熱しても栄養素は失われる事はない、

それどころか加熱する事で、栄養素の吸収率があがります。

 

しかし、ビタミンCに限っては、加熱すると流れ出てしまうので、

加熱する際には、調理法を検討する必要があります。

 

トマトが苦手という小さなお子さんがいる場合は、

家庭菜園でミニトマトを育ててみてはいかがでしょうか!?

 

簡単に栽培できますし、

何より「自分で育てた」というのは子どもにとっても嬉しい事です。

 

これでトマト嫌いが克服できる可能性も高まります!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事