スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

桜の季節も過ぎ、全国各地で真夏日という言葉が少しずつ聞こえ始めて来ています。

 

これからやってくる「夏」に備えて、

エアコンの掃除や、点検を行っていますか!?

 

去年使用したままで、急にスイッチON!!

 

んっ!?何か臭うぞ!?という経験、

あるかと思います。

 

この臭いの原因は何なのか!?

 

この臭いは放っておいて良いのか!?

 

これから必要になってくる「エアコン」の臭いの原因や、

対応策を紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

臭いの原因は「カビ!」なぜエアコンにカビが繁殖するの!?

 

夏になりエアコンのスイッチON!すると、嫌な臭いが・・・

 

この原因のほとんどが、

エアコン内に繁殖する「カビ」が原因だと考えられます。

 

という事は、エアコン内部に潜む、

「カビを含んだ冷風」を私たちは受けている事になります。

 

考えるだけで恐ろしい・・・ですが、

考えるとだけでなく、実際にこのカビは身体にも影響があります。

 

まずは、なぜエアコンに内部にカビが繁殖するのかを知りましょう。

 

カビが繁殖する要因には、「カビが繁殖しやすい温度」

「カビが繁殖しやすい湿度」「カビが繁殖しやすい汚れ」が原因とされます。

 

カビは5度〜35度という気温の間であれば繁殖します。

 

一般的に家庭の温度は寒い時期、暑い時期を平均して、

約10度〜30度以内に収まるかと思います。

なので、カビにとっては適温となるのです。

 

カビは湿気が大好きです。

 

繁殖には80%以上の湿度が必要で、

一般的な家庭の湿度は、約30%〜80%と言われています。

 

エアコン内部は湿度は80%以上になる事はあまりないとは思いますが、

エアコン使用時の結露などで水分が出て、

それが湿気に繋がり、カビが繁殖する!という可能性が高まります。

 

上記の条件を特に満たしやすいのが、

「梅雨」や「台風」の時期です。

 

温度も高く、湿度も高いこの時期は、

カビ繁殖の絶頂期とも言えるでしょう。

 

 

エアコン内部にカビが繁殖すると、身体にはどう影響するの!?

 

なぜエアコン内部にカビが繁殖するのか知る事が出来ました。

 

では、そのカビが身体にどのように影響するのかを紹介していきたいと思います。

 

カビを含んだ風を身体に取り入れていると

「夏型過敏性肺炎」という病気にかかる恐れがあります。

 

咳や38度前後の熱、

風邪に似た症状が現れます。

 

この「夏型過敏性肺炎」は、

「トリコスポロン」というカビが原因とされていて、

エアコン内部にも繁殖するカビの一種です。

 

高温多湿が繁殖の好条件で、主に西日本側での繁殖が多く、

逆に北海道では繁殖が少ないとされています。

 

エアコン使用時の異臭には注意が必要です。

 

 

スポンサーリンク

カビ繁殖の予防法は!?

 

1年と通して放置し続けると知らぬ間にカビが増殖し、

身体への影響も出てきます。

 

 

カビ繁殖の予防としては、

 

・エアコン内部を乾燥させる
・室内の温度を下げる
・室内の風通しを良くする

 

などが挙げられます。

 

上記の方法を簡単に説明すると、

「高温多湿」を避けるという事が言えます。

 

特に冷房使用後は、結露などでエアコン内部に水分がたまり、

これが湿気の原因となります。

 

又、炊飯器からの蒸気、風呂場からの蒸気が室内で止まっていると

必然的に室内の湿度が高くなります。

 

なので、風通しを良くする、また、換気を良くして、

湿度を下げる事も必要です。

 

業者に頼むと結構な料金がかかる事もあります。

 

ですが上記の予防法は手軽に自分で行えるので、

日頃から意識することでカビ対策になると思います。

 

放っておくと臭いだけではなく、

身体への影響もあるエアコン内部のカビ。

ただ室内を冷やせば良いという考えではなく、

特に小さい子どもがいる家庭などは、

特に意識してカビ対策を行う必要があると言えるでしょう

 

まとめ

 

これからの季節はエアコンをフル稼働させるご家庭も多いと思いますが、

必ずメンテナンスをしてから使用するようにしましょう。

 

そうでないと、

大変なことが起きるかも知れませんからね・・・^^;

 

お子さんのいるご家庭は特に注意して

使用するようにしましょう(´・ω・`)

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事