スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

日本には様々な行事、各地方によっても伝統行事などが多数存在します。

 

これらの行事には昔から受け継がれている、

又、外国からの文化として受け継がれている「由来」というのが存在します。

 

 

毎年その日が来るから行事を楽しむ!という感覚よりは、

しっかりと行事の意味や、由来を理解する事がとても大切だと思っています。

 

以外と知らない行事の由来。

 

今回は5月5日の「こどもの日」(端午の節句)の意味や、

由来を紹介していきます。

 

鯉のぼり

 

スポンサーリンク

こどもの日(端午の節句)は何をする日なの?

 

そもそも、こどもの日って何をする日なの?と質問されると、

大体の人が答えられず、とりあえずゴールデンウィーク期間中だし、

「こどもの日」って名前だから、

こどもに何かプレゼントしてあげている!という家庭も多いかと思います。

 

こどもの日とは、「男の子の健やかな成長を願う大切な日」とされていて、

主に、「こいのぼり」や「五月人形」を飾ったり、

「柏餅」や「ちまき」を食べたりします。

 

柏餅

 

なぜ、こいのぼりや五月人形を飾るの!?

 

まず、なぜ5月5日がこどもの日になったかというと、

こどもの日は「端午の節句」と言います。

 

この端午の「端」は「物のはしっこ」、

つまり「物の始まり」を表しています。

 

そして「午」は、午の月が「5月」を表しており、

5月の始まりという意味に「午」の読み方が「ご=5」という語呂合わせから、

5月の5日を端午の節句と呼ぶようになったと言われています。

 

(色々な諸説があり、元々は中国にあった風習と、

日本にはあった風習が合わさったとも言われています)

 

五月人形を飾る由来としては、

兜や鎧は武将にとって命を守る大切な道具とされており、

ここから「男の子を事故や災難から守って下さい」

という願いを込めて飾られるようになりました。

 

こいのぼりを飾る由来は有名で、「鯉の滝登り」をイメージしたと言われています。

 

鯉は激しい滝を登りきる事で「竜」になると言われており、

ここから「滝を登りきって竜になるように、

男の子には立派に成ってほしい」という願いが込められていると言われています。

 

更に驚きは、「こどもの日」というのは1978年に制定されたのです。

 

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」

という趣旨で制定されたそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

以外と知らない「こどもの日」の由来、いかがでしたでしょうか!?

 

何となくで行事を過ごすよりは、

行事の意味や由来を知っておく、

更にそれをこども達にしっかりと知らせていく事って大事なのです。

 

と言うよりも子どもは素直に、

「母ちゃん、何でこいのぼり飾るの!?」とか、

「なんで兜飾っているの?」と普通に聞いてきます。

 

その時に、「それはね・・・」と答えられるのと、

答えられないとでは、かなり差があると思います。

 

では、こいのぼりの意味、由来をおさらいしましょう。

 

・こどもの日(端午の節句)は、こいのぼり、鎧兜を飾ったり、柏餅やちまきを食べてお祝いをする日

 

・こどもの日(端午の節句)がどんな日かと言うと、「子どもの成長を願う日」という事

 

・こいのぼりは「竜のように立派な人に成ってほしい」という願いを込めて飾るの。鎧兜は、身を守る道具という事から、「事故や災難から身を守る」という願いを込めて飾る

 

この3つを頭にいれておくだけで、こどもの日の説明はバッチリでしょう!!

 

一つひとつの行事を大切にし、

その意味や由来をしっかりとこども達に伝えていく事は、

大人達の大切な役割だと思っています。

 

こどもの唐突な質問にしっかりと答えられる、

かっこいいお父さん、お母さんになって下さい。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事