スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

秋の到来を告げる花「彼岸花」は、

その美しさから外国人から絶大の人気を誇ります。

 

しかし、外国人が好む美しい花であるにも関わらず、

日本人からは人気のないどころか、好まれていない花としても有名です。

 

その理由には彼岸花が「不吉な花」と言われているからです。

 

美しい花にも関わらずなぜ人気がないのでしょうか!?

 

それには彼岸花に隠された思わぬ理由があったのです。

 

 

スポンサーリンク

彼岸花には毒がある!これが不吉な理由!?

 

彼岸花1

 

彼岸花の花、葉、茎、根、全ての部分に毒があるのです。

 

彼岸花は、全ての部分に毒が含まれる

「全草有毒」という植物に分類されます。

 

その中でも鱗茎という球根のような部分に毒性物質が多く含まれており、

触る、匂いを嗅ぐ程度では人体に何の影響もありません。

 

彼岸花の毒は口に入れたり食べる事で人体に影響を与えますが、

人体に影響を与える毒素を取り入れるためには、

約667個の彼岸花の鱗茎を食べなければなりません。

 

いくら毒がある花と言えど、

人体には殆ど害をもたらす事はありませんが、

 

繊細な部分を気にする日本人だからこそ、

これを「不吉」と捉えるのでしょう。

 

 

彼岸花は墓地で多く見られる

 

これは事実です。

 

墓地で多く見られる花だからこそ

「不吉」と結びつけられたのでしょう。

 

しかし、墓地に多く見られるのには理由があるのです。

 

日本は人が亡くなると「火葬」しますが、

昔は墓地に直接「埋葬」していました。

 

人体を埋葬しても、土の中でも生活する「モグラ」が遺体を荒らす事が多かったので、

その対策として彼岸花を植えたと言われています。

 

なぜ彼岸花を植えたかと言うと、

先程説明したように、彼岸花には毒があるからです。

 

この毒を活かし、

モグラなどの生物を寄せ付けないようにしていたのです。

 

彼岸花は墓地で多く見られる花で、そこから「不吉」と連想されていますが、

実は、彼岸花はご先祖様の遺体を守る役割と果たしているのです。

 

 

スポンサーリンク

彼岸花にはたくさんの「別名」が存在する

 

彼岸花には、花の色によって「花言葉」が異なります。

 

例えば・・・

 

花の色がだと「情熱」「独立」「再開」「悲しい気持ち」

 

花の色がだと「また会う日を楽しみに」「想うはあなた一人」

 

花の色が黄色だと「追想」「深い思いやり」「陽気」「元気」

 

などの花言葉があります。

 

しかしこれとは別に、

彼岸花には多くの「別名」が存在します。

 

その数、1000を越えるとも言われています。

 

その中で有名な別名が

「曼珠沙華」サンスクリット語で「天界の花」という意味があり、

天界から「死後」というイメージを抱いてしまいます。

 

しかし、天界に咲く花というのは良い事の前兆とされており、

めでたい事が起こると天から花が降ってくると、仏教の経典には書かれているのです。

 

他にも「死人花」「幽霊花」「地獄花」という別名があり、

見た目、聞こえから「不吉な花」を連想させます。

 

お彼岸というのは、「あの世とこの世を結びつける時」という時期なので、

そこからこのような別名がついたのでしょう。

 

また、彼岸花が毒を持つ花なので

「毒花」「痺れ花」という別名もあります。

 

 

まとめ

 

彼岸花が不吉な花という理由としては、

「花に毒がある」「墓地に多く見られる」

「不吉な別名が多い」ことでしょう。

 

しかし、毒がある、墓地に多く見られるのは、

この花の特性を活かしご先祖様を守るからであり、

花の特性が別名を生み出しています。

 

確かに不吉な花と言われる材料は多く揃っていますが、

そんな事に全く無関心な外国人には、見た目の可憐さから大人気の花です。

 

言い伝えや、都市伝説を気にする日本人の「特性」が、

彼岸花を「不吉な花」として成り立たせているのでしょう。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事