スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

5月5日はこどもの日!「端午の節句」とも呼ばれますね。

 

そもそも「こどもの日」って何をするのか、その行事の由来って知っていますか?

 

保育士の知り合いに「こどもの日」について聞いてみると、

保育園では毎年4月の中旬から後半になると「こいのぼり掲揚式」という行事があるそうです。

 

ここでは、大きなこいのぼりを園庭に飾ったり、

玄関先には鎧兜を飾ったり、又、集会では子どもたちに、

「こどもの日」の由来などを話します。

 

そもそも「こどもの日」というのは、

「こども達が元気にすくすくと成長しますように」という意味が込められており、

お祝いとしては、こいのぼりの掲揚や、鎧兜を飾る、

又、柏餅やちまきを食べる事が一般的とされています。

 

この鎧兜を別名「五月人形」とも呼びます。

 

なぜ「こどもの日」になると鎧兜を飾るのでしょうか?

 

又、その理由とは!?

 

そして、いつ頃から飾り始めたら良いのかを、

説明していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

なぜ鎧兜を飾るの!?

 

こどもの日に鎧兜を飾るの理由としては、

鎧や兜というのは、昔、武士の身を守る物として扱われてきました。

 

そこに由来があるそうで、鎧や兜を飾る理由としては、

「こども達(男の子)を、事故や災難から守るため」という意味があるのです。

 

様々な諸説や、地域によっては異なる部分もあります。

 

鎧兜はいつ頃から飾れば良いの!?

 

「五月人形」とも呼ばれる、鎧兜。

 

こいのぼりと、この鎧兜はこどもの日には欠かせないアイテムです。

 

先程の話で、なぜ鎧兜を飾るのかは分かりました。

 

では、その鎧兜はいつ頃から飾れば良いのか説明していきたいと思います。

 

5月5日が近づいてきた!ヤバイ!そろそろ準備しなくちゃ!!

 

という家庭も多いかと思いますが、特にこの日!という風に決まった日時はありませんが、

一般的に鎧兜を飾り始める時期としては「春のお彼岸を過ぎた頃」とされています。

 

「お彼岸」は年に春と秋の2回あり、

その春のお彼岸は、「春分の日」の前後3日間とされています。

 

なので、大体3月23日頃が一般的にベストな時期とされています。

 

日付で見てみると、こどもの日が5月5日なので、

以外と早めに出しちゃうって感じですね。

 

ご家庭に女の子もいる場合は、

桃の節句「ひな祭り」が終わったら、すぐに鎧兜の準備!と覚えておくと良いでしょう。

 

この鎧兜を出す時期に決まりのある地域や、

こだわりのある地域がある場合もあるので、

細かく気にする場合はおじいちゃんや、おばあちゃんに確認し、

その伝統をしっかりと受け継ぐのも良いと思います。

 

一般的に春のお彼岸が過ぎてから出すとされていますが、

出す時期にNGなタイミングがあります。

 

それは、5月5日当日だったり、

慌てて前日の5月4日に出すという事は避けて下さい。

 

これにはちゃんとした理由があり、

「一夜飾り」になってしまうからです。

 

「一夜飾り」というのは、

その名の通り、出してすぐに片付ける事で、これは「お葬式」を連想させてしまうのです。

 

お葬式というのは、一晩で祭壇、棺、お花などを用意し、

飾り付けを行いますよね!

 

せっかくのこどもの日を、

お葬式のようにパタパタと準備や片付けをしてしまうのは縁起が悪い、とされています。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

こどもの日に、なぜ鎧兜を飾るのか!?

 

飾る時のタイミングの紹介、いかがでしたでしょうか!?

 

せっかくのお祝いの行事なので、

何となくで済ませるのではなく、しっかりと理由や由来を知る事で、

行事に向き合う姿勢も変わってくると思いますし、

子どもというのは不意に、「ねぇ、何で兜を飾るの?」なんて聞いてきます。

 

その時に、「それはね・・・」と答えられる親と、

「んっ?毎年飾っているからよ!」と答えられない親、あなたはどちらが良いと思いますか?

 

地域によっては細かくこだわる所もありますが、

難しく理由を説明する必要もありません。

 

せっかくの年に1度の行事なので、

「自分達なりのこだわり」を持って、楽しめると良いと思います。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事