スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

「お月見とは何ですか?」と聞かれると、

大体の人が「お団子を食べる」「月を眺める」と答えるでしょう。

 

間違いではありませんが、

お月見にはちゃんとした意味や由来があるのです。

 

もし、子どもから「お月見って何をするの?」

「何でお団子を食べるの?」という唐突な質問がきても、

 

「それはね・・・」と答えられるように、

今回は、お月見の由来や意味について紹介します。

 

 

スポンサーリンク

お月見の由来とは?

 

お月見

 

元々日本には、お月見に関係なく「月を眺める」という習慣がありました。

 

そんな中、特に秋頃になると空気が澄み、

特に月がキレイに見えるという理由から、

「お月見は秋」という季節感が生まれました。

 

そして秋と言えば、お米や様々な農作物の収穫時期にあたるので、

お月見には「豊作祈願」の意味も込められるようになったのです。

 

又、昔は今と違って街灯や電気がなく、

月明かりを頼りに農作業に励む事も多々あり、

「月に対する感謝」という意味合いもお月見には込められているのです。

 

 

お月見にはなぜ、お団子をお供えするのか!?

 

お月見 団子

 

お月見と言えば、月を眺めながらお団子を食べるというイメージが定着しています。

 

このお団子にも意味が込められていて、お団子は米から作られています。

 

つまり、農作物で作った物を供える事で、

月に対する収穫の感謝を伝えているのです。

 

お団子の形が丸いのは、満月を表現しています。

 

「お月様が満月で照らしてくれるおかげで、

こんなにたくさんの作物が実りました」という報告をおこなっているのです。

 

又、お月見にはお団子だけでなく、

「ススキ」もお供えします。

 

ススキは「稲穂」の代用で、

稲穂には「月の神様の依り代」という言い伝えがあります。

 

ススキを供える事で、

ここが神様をお招きする場所だと知らせる意味があるのです。

 

本当は稲穂を使用した所なのですが、

お月見の時期に稲穂の収穫が間に合わないという理由で、

稲穂に見た目が似ているススキが代用されたと言われています。

 

見た目が似ている事もススキを代用した理由ですが、

他にもススキには「魔除け」の効果があると信じられており、

月への感謝や祈りを捧げる日にはもってこいの代用品なのです。

 

 

スポンサーリンク

2018年のお月見はいつ!?

 

月がキレイに見える秋でも、

特に「十五夜」は別格にキレイに月を見る事ができます。

 

十五夜とは、「中秋の名月」とも呼ばれており、

「秋の真ん中に出る月」という意味があります。

 

旧暦では、1月から3月が「春」、4月から6月が「夏」、

7月から9月が「秋」、10月から12月が「冬」とされており、

秋真ん中は8月で、その8月の真ん中は15日頃になります。

 

この旧暦と新暦では1〜2ヶ月程のズレがあるので、

9月7日〜10月8日の間で満月の日を「十五夜」と呼んでいます。

 

今年2018年の十五夜は、

9月24月(月)にあたります。

 

この時期になると、

夜は涼しく絶好のお月見日和となるでしょう。

 

 

まとめ

 

お月見はただお団子を食べるだけの行事ではなく、

お団子を食べる、供える理由や、お月見を行う理由もしっかりとあるのです。

 

何も知らないでお月見を行うのと、

一つひとつの理由や由来を知りながら行うのとお月見とでは、

違った趣を感じられるでしょう。

 

子ども達は親が困るような質問を素直に聞いて来ます。

 

「何でお月見ってやるの?」「何でお月見の時にはお団子を食べるの?」

「何でお月見は秋にやるの?別の季節でも満月の日はあるよ!」といった、

子ども達の「何で!?」にしっかりと答える事はとても大切な事です。

 

先人が残した文化を現代に残す役割を担うのは、

私達大人の使命なので、「それはだね・・・」とカッコよく説明できると良いでしょう。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事