スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

筋トレを行う人に多い質問が、

「筋トレを行う時、食事はいつ食べたら良いのか?」です。

 

筋トレを行い、美しいボディメイクを作る時には

「食事と筋トレ」はとても密な関係と言えます。

 

筋トレ効果を高めるベストな食事のタイミングや、

必要な栄養素を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

筋トレ時の「前後」に食事を食べると効果的

 

 

結論から話すと、筋トレの効果を高めるためには、

筋トレの前後に食事を食べる事をオススメします。

 

なぜ前後に食べるかと言うと、筋トレ前の食事はこれからトレーニングを行うための

「体内のガソリン」的な働きを行い、筋トレ後の食事は、

筋肉の増加を促したり、筋肉の疲労回復を手助けする役割があるのです。

 

しかし筋トレを行う人の中には

ダイエットを兼ねて行っている人もいるでしょう。

 

極力食事の量を減らしたいと考えている人は、

「糖質」の量を減らすと効果的です。

 

 

食後の筋トレは、食べたものが消化されてから!

 

 

筋トレの前に食事を食べる際、1時間や2時間、

人によっては3時間空けて筋トレを行うという人もいます。

 

食後時間を空けすぎると眠くなるという人もいたりと、

個人差はありますが、基本的に「食べた物がしっかりと消化されてから」

筋トレに取り組みましょう。

 

食後は胃に血液が循環されている状態なので、

食後すぐに筋トレを行うと、筋トレの効果が薄れたり、

胃の中の物を吐いてしまう事もあります。

 

食後のトレーニングはしっかりと時間を空けて取り組みましょう。

 

 

スポンサーリンク

筋トレ前に摂取するべき栄養素!

 

 

筋トレの前後に食事を食べる事が効果的だと話しましたが、

好きなだけ好きなものを食べても良いという訳ではありません。

 

筋トレ前に摂取したい栄養素としては「糖質」です。

 

この糖質は身体を動かすエネルギー源で、

トレーニングのパフォーマンスを向上させたり、

筋肉の分解を減らすという効果があります。

 

糖質が摂取できる食べ物としては「白米」です。

 

そして食べる時に注意して欲しいのが、

白米の「量」です。

 

ご存知の通り、糖質というのは

「太る原因」でもあります。

 

食べる目安としては、

筋トレの量を目安にします。

 

例えば、筋トレをハードに行い、ゴリゴリのマッチョを目指すような人であれば、

「大盛り」、減量中の人であれば「茶碗一杯」程度が理想です。

 

トレーニングの量が少ないのに、白米の量が多くなると

必要以上に糖質を摂取することになるので、

筋肉よりも脂肪がつきやすくなります。

 

 

筋トレ後に摂取するべき栄養素!

 

 

筋トレ後には体に必要な栄養を満遍なく摂取する事が必要ですが、

先ほど説明した「糖質」加えて「タンパク質」の摂取は必須です。

 

タンパク質を摂取できる食べ物は

「鶏肉」や「魚」、又、「プロテイン」などがオススメです。

 

タンパク質は筋トレ後の筋肉の増加や、

筋肉疲労の回復に大きく役立ちます。

 

筋トレ後にはしっかりとした栄養補給が必要なので、

白米、おかず(肉類や魚類)、汁物、副菜などが満遍なく摂れる定食などもオススメです。

 

ダイエット中の方であれば、糖質は極力抑え、

高タンパクな食事が良いでしょう。

 

また、筋トレ後の食事摂取は

2回に分けて摂ることをオススメします。

 

筋トレ終了後、30分以内にタンパク質を摂ります。

 

この時、プロテインなどを活用すると

素早く手軽に補給ができます。

 

その後、定食などで体に必要な栄養をしっかりと摂ると、

筋トレの効果も絶大にアップします。

 

 

まとめ

 

筋トレと食事は欠かせない関係にあります。

 

ダイエット目的の筋トレでも、身体を動かすための栄養、

筋力を高めるための栄養は食事でしか補えないので、

食事を抜いてトレーニングのみ行うというのは効果が得られません。

 

食事のタイミングは、筋トレの前後、筋トレ前には「糖質」、

筋トレ後には「糖質・タンパク質」、ダイエットも兼ねている人は、

糖質の量を調整すると良いでしょう。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事