スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

筋トレは結果が出た時には嬉しいですが、その結果が出るまでの時間も長く、

途中で諦めてしまうという人も多くいます。

 

筋トレにおいて一番重要なのは「継続性」ですが、

結果が出るまでに時間がかかる、トレーニングはキツイという点が邪魔をしてしまいます。

 

どうせ筋トレをやるなら、効率良く、

そして継続的に行える方法が良いですよね!?

 

今回は、効果的な筋トレの頻度や、

効率良く筋力アップを目指す方法を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

筋トレは毎日やれば良いってものではない!!

 

筋トレを行う人で間違えやすいのは

「筋トレをやればやる程、筋力はアップする」という事です。

 

これはただただ自分を追い込んでいるだけで、

継続性を保てないやり方の一つです。

 

筋トレの効果を高めるのに重要なのは

「しっかりと筋肉を休める」という事です。

 

理想の筋トレの頻度としては

「週2回」という研究結果も出ています。

 

筋トレを行った後は2日〜3日しっかりと筋肉を休める事で、

次回の筋トレを効果的に行う事が出来るのです。

 

この「週2回」という目安を覚えておくだけでも、

やる気を失わず継続的に行うモチベーションが保てるでしょう。

 

 

1回の筋トレはどのくらい行うと良い!?

 

週2回の筋トレが効果的と聞いて、モチベーションが上がった人もいれば、

「本当に効果があるのか?」と疑問を抱く人もいるでしょう。

 

むしろ、週1の筋トレでも効果は出ます。

 

大事なのは、筋トレを「量」で考えるのではなく、

「質」で考える事です。

 

毎日ダラダラと筋トレを行う「量」よりかは、

週1〜2回、みっちりと追い込んでトレーニングを行う

「質」を大切にした方がかなり効果的です。

 

しかし、週1、週2でしか筋トレを行えない人は、

効果が得られるまでには1年や2年という期間の継続が必要です。

 

そして、1回のトレーニングは

筋肉の限界まで行う必要があります。

 

 

スポンサーリンク

なぜ週1〜2回の筋トレが効果的なのか?

 

「筋トレの効果を高めるためには、

しっかりと筋肉を休める」と話しました。

 

これについて少し深く話していきます。

 

筋トレを行う事で鍛えた部位の筋肉を破壊しています。

 

そして、この破壊された筋肉が回復すると、

以前よりも強いパワーを発揮する事が出来ます。

 

これが筋力をアップするために筋トレを行う理由です。

 

この筋肉が回復する期間中に筋トレを繰り返し行っていると、

運動能力そのものが低下し、オーバートレーニング、

つまりケガをしやすい身体になってしまいます。

 

また、筋肉の疲れが残っている時の筋トレは、

筋肉を減少させる事もあるのです。

 

なので、筋トレを行った後は筋肉をしっかりと休ませるために1日、

2日の休息が必要で、結果、筋トレの頻度は週に2回が最適なのです。

 

 

まとめ

 

効率良く筋肉をつけるためには、

筋トレ後にしっかりと筋肉を休める必要があります。

 

トレーニングの内容を「量」ではなく「質」で考える事で週2回、

忙しい方は週1回の筋トレでも十分効果を得る事ができます。

 

週1〜2回のトレーニングだと、

1回のトレーニングで筋肉の限界まで追い込んだメニューをこなしても、

見た目の効果が現れるまでには相当な期間がかかります。

 

しかし、途中でやめてしまえば今までのトレーニングも全てに水の泡になるので、

週1〜2回のトレーニングというのは、

継続的に行うためのモチベーション維持には持ってこいの回数でしょう。

 

それでも早く効果を得たいという方は、筋トレの量を増やすのではなく、

食事面を工夫する事をオススメします。

 

筋肉の増加を促す栄養素や、筋肉の回復を促す栄養素を意識的に摂取する事で、

週1〜2回のトレーニングを劇的に効果のあるものに変えてくれるはずです。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事