スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

男性なら誰でも一度は筋トレを行ったことがあるでしょう。

 

筋トレは身体を鍛えると共に、

見た目の変化もあるのでやりがいがあります。

 

しかし人によっては、毎日筋トレを行っても、

なかなか変化が見られない、効果が現れないという事もあり、続かない場合もあります。

 

筋トレで一番大切なのは継続的に続けることです。

 

筋トレで効果的に成果をあげたり、筋トレを快適に、

継続的に行えるように、トレーニングの頻度や、

トレーニングを行うおすすめな時間帯を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

筋トレは毎日行わない方が効率的!?

 

毎日筋トレを行った方が、やった分だけ筋力はアップする!

と考える人がほとんどでしょうが、実は違います。

 

筋トレ後は筋肉を修復しようとする力が働き、

元の筋肉より少し太い状態になります。

 

このタイミングで次のトレーニングを行った方が効率的に、

筋力や筋持久力を増加するといった効果が得られます。

 

その筋肉の修復には2日〜3日(48時間〜72時間)かかると言われているので、

この間は間隔をあけて筋トレを行うと良いでしょう。

 

適切なトレーニングの頻度は、スポーツ選手で週に4〜5回、

スポーツ経験者で週に3〜4回、運動未経験者で週に2〜3回を目安にして下さい。

 

 

筋トレ効果を高めるために、適切なトレーニングサイクルを作る

 

上記で説明した、筋トレを行うタイミングと、トレーニングの頻度で、

トレーニングサイクルを考えてみます。

 

例えば、運動未経験者で考えると、

トレーニングの頻度は「週に2〜3回」です。

 

・月曜日 トレーニング

・火曜日 休み

・水曜日 休み

・木曜日 トレーニング

・金曜日 休み

・土曜日 休み

・日曜日 トレーニング

 

トレーニングの後に2日の休息日を設けることで、

筋肉疲労を取り除き、次のトレーニングが快適に行えます。

 

このように、自分に合ったトレーニングサイクルを作成することで、

継続的に、効率的に筋トレを行うことができます。

 

 

スポンサーリンク

筋トレを行うとおすすめな時間帯は!?

 

自分に合ったトレーニングサイクルが出来たら、

次は効率的に効果が得られる時間帯を紹介します。

 

人間の生体リズムから考えて、

一番筋トレに向いている時間帯は「昼から夕方」です。

 

身体の機能は昼間から夕方にかけてピークを迎えるので、

この時間帯で筋トレを行うと効果が得やすくなります。

 

逆に朝方は体温が低く、筋肉も硬い状態にあります。

 

このような時間帯で筋トレを行うと、筋トレの効果が得にくくなるだけでなく、

ケガをする危険性も高まります。

 

又、夜や就寝前に行うと交感神経が活発になり、

睡眠の妨げになってしまいます。

 

睡眠は筋トレの効果と大きく結びつきます。

 

睡眠により成長ホルモンが分泌され、

それにより筋肉の修復や合成がスムーズに行えるのです。

 

寝つきの良さが快眠や成長ホルモンの分泌に繋がり、

効率的に筋トレの効果を得ることができます。

 

 

まとめ

 

スポーツ選手の体型を見て、

毎日筋トレを行って体型を維持していると考えている人も多いでしょう。

 

それは勘違いで、過度なトレーニングは逆に効果を下げたり、

思わぬケガに繋がります。

 

適切なトレーニング頻度や、トレーニングを行う時間帯に配慮する事が

筋トレの効果を得る近道なのです。

 

筋トレで一番大切なのは「継続的に行うこと」です。

 

毎日無理をしてトレーニングを行うと、肉体的にも精神的にも辛くなり、

継続的に行うことは難しくなります。

 

途中でやめてしまうと、

今までの筋トレも水の泡になってしまいます。

 

自分に合った適切なトレーニングサイクルを作成し、

疲れている時にはしっかりと休み、十分な休養、

睡眠をとることを心がけましょう。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事