スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

ワンピースの中で、「最強の剣士」と呼ばれる男が、

「鷹の目の・ミホーク」です。

 

初登場から現在に至るまで、登場シーンは数少ないですが、

出てきた時には圧倒的な強さや迫力を見せつけています。

 

しかし、「最強の剣士」と呼ばれる割には戦闘シーンも少なく、

「本当に最強なの!?」「もうゾロの方が強いのでは!?」と考える読者も多いです。

 

今回は、数少ない戦闘シーンや、他キャラクターと比較し、

ミホークの強さがどれくらいなのか、考えてみます。

 

スポンサーリンク

鷹の目の・ミホークとは!?

 

初登場は、序盤の「海上レストラン、バラティエ」で登場しています。

 

ミホーク

 

首領クリークの巨大ガレオン船を真っ二つにし、

ルフィの仲間「ゾロ」を小刀一本で死寸前まで追い込む程の強さを見せつけました。

 

同じ剣士であるゾロは、ミホークが憧れの剣士で、

今後一緒に修行をしたりと、師弟関係になります。

 

使用する剣は、最上大業物の一つ「夜」という黒刀で、

2メートル程の巨刀、斬撃の届く射程範囲が非常に広く、

海や大地を真っ二つにするという威力です。

 

そして、初登場から現在に至るまで

「王下七武海の一人」として君臨し続けています。

 

その強さ故に初登場の頃から、

「世界最強の剣士」という設定なのです。

 

ミホークの強さはどれくらいなのか!?

 

ここで問題なのは「ミホークは今でも最強の剣士なのか!?」という点です。

 

初登場は正直「誰もかなわない!」と思わせる程のインパクトでしたが、

現在は「覇気」という力も出てきており、

あのゾロも「覇気」を身につけています。

 

現時点で、ミホークは能力者でなければ、

覇気を使用する場面は一度も見せていません。

 

もしかしたら「年老いた!?」

「周りが強くなり過ぎた!?」という声も出ています。

 

実際に、戦闘シーンを見せた「頂上戦争編」では、

海軍本部の戦力として参加し、白ひげ海賊団や、

ルフィ率いるインペルダウン脱獄集団を相手にしています。

 

その時、クロコダイルの攻撃を対等に受けたり、

白ひげ海賊団5番隊隊長「ビスタ」と対等に戦っていたり、

見方によっては「あれっ!?」という場面が多くありました。

 

 

ここで「もしかしたら、白ひげ海賊団の隊長クラスの強さ!?」

という疑問も出てきます。

 

スポンサーリンク

ミホークの強さを真剣に考えてみた!

 

周りが強くなっているというのは事実でしょう。

 

ミホークの戦闘シーンが少ないという事もあり、

「世界最強」に疑問を持つ事も十分考えられます。

 

しかし、未だに謎多きキャラクターという事もあり、

頂上戦争編では実力を出し切っていないという事も考えられます。

 

ルフィはミホークに突っかかっていきますが、

腕を切られる気配を感じ、後ずさりさせる場面もありました。

 

シャンクスと最強の座を争っていたという過去もあり、

シャンクスは「四皇」の一人、その四皇と実力伯仲の戦いを続けていたという事を考えると、

やはり最強!?という事にも繋がります。

 

シャンクスは、海軍大将赤犬の攻撃を防ぐ、百獣のカイドウを止める、

世界政府のなだめ役という力を発揮しています。

 

そのシャンクスと対等と考えるなら、

相当な実力は間違いないでしょう。

 

 

まとめ

 

謎多きキャラクター「鷹の目の・ミホーク」は、

まだまだ実力を出していないでしょう。

 

今後、「ワノ国編」では、

強者揃いの剣士が揃って登場することが予想されます。

 

その中にミホークの姿もあり、

事実上の「最強剣士と決定戦」が行われるのではないかと、

期待をしています。

 

そうなってくると、「やっぱり肩書きだけのキャラクターだったのか」

「やっぱり、最強だったんだ!」という謎が解決されるはずです。

 

今後のワンピースの展開をますます盛り上げる存在という事は、

間違いないでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事