スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

ワンピースに出てくる特殊能力の一つとして、

突如登場したのが「覇気」です。

 

前半は「悪魔の実の能力」勝負の所がありましたが、

新世界に入ると「覇気」を身につけていないとまともに闘えないという展開にまでなっています。

 

覇気とはどのような能力なのか!?

 

今では最強の能力といえるのかを考察してみました。

 

 

スポンサーリンク

覇気の能力とは!?

 

覇気とは「覇王色」「見聞色」「武装色」の3つに分かれており、

それぞれ強化すればできる事の幅が広がる、と紹介されている。

 

この紹介でまず分かる事は「できる事の幅が広がる」つまり、

身につけていないと「できる事の幅は狭まる」という事になり、

今後戦っていくには「必須な能力」と言えます。

 

「武装色の覇気」は、体の周囲に鎧のような力を作り出す覇気で、

防御だけでなく、攻撃にも活用ができます。

 

武装色

 

武装色の覇気の特徴としては、体を硬化させると肌が黒く変色する、

また、自然系の悪魔の実の能力や、物理攻撃を無効化する能力に対して、

実態として捉える事が出来ます。

 

つまり、武装色の覇気を身につけていないと、自然系の能力者や、

物理攻撃を無効化にする能力者(スモーカーなど)に対して、攻撃を加えられません。

 

「見聞色の覇気」は、相手の気配をより強く感じる覇気で、

視界に入らない敵の位置や数の把握、

更に敵が次に何を仕掛けてくるのかを先読みする事ができる。

 

見聞色

 

コビーは頂上戦争の時にこの能力に目覚めていて、

空島編では「心網(マントラ)」という力で表現されています。

 

この能力を身につけていれば、

相手の攻撃を先読みし、かわす事が出来るのです。

 

「覇王色の覇気」は、数百万人に1人という「王の資質」を持つ者にしか身につかない覇気で、

ルフィや、海賊王ゴールド・D・ロジャー、シャンクスといった限られた人物しか

身につけられていません。

 

覇王色の覇気

 

覇王色の覇気を身につけると、相手を威圧するだけで、

圧倒的な力の差がある場合は、気絶させてしまう程の力があります。

 

 

覇気は最強の能力なのか!?

 

ここまでの紹介で、覇気が最強というよりは、

「覇気を使えなければ何も出来ない」という事が分かります。

 

言い換えれば「最強」の能力と言っても過言ではないでしょう。

 

覇気使いが、覇気使いと戦うとどうなるのでしょうか!?

 

今後の展開は、

ほとんどの人物が何らかの覇気使いんで間違いありません。

 

覇気を使えなければ自然系の能力者を攻撃出来ず、

結果「自然系の能力者が最強」となってしまうからです。

 

覇気使い同士の戦いで有名なのは、「青雉VS白ひげ」です。

 

 

ほんの一場面でしたが、覇気を纏った薙刀で、

白ひげが青雉を刺します。

 

自然系の能力者の青雉を刺せたのは、

覇気が実態として捉えたからです。

 

しかし、青雉はノーダメージでした。

 

これは、「白ひげの覇気を、青雉の覇気が相殺した」と考えられます。

 

今後の展開としては、悪魔の実の能力の強さ以上に、

どれだけ強い覇気を身につけているかという戦いになるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今の段階では、覇気が最強の能力だと言えます。

 

悪魔の実云々ではなく、覇気がなければ何も出来ないという展開にもなっていますし、

どんなに強い能力者でも覇気を使えなければ、相手に攻撃を先読みされる、

相手が自然系の能力者だったら攻撃を加えられない、という事になります。

 

これらを考慮すると、悪魔の実より、

覇気の能力が優っていると考えられます。

 

今後の焦点としては、ルフィや、黒ひげなどの「能力者+覇気使い」が最強なのか、

ゾロやシャンクスのような「非能力者で、覇気使い」が最強なのか、

という所がポイントになってくるでしょう。

 

始めは悪魔の実がストーリーの重要ポイントだったにも関わらず、

話が進んでいく内に、能力者以外でも強くなれる理由を加えてくる部分が、

さすが尾田栄一郎先生の凄さだなと感じます。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事