スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

ワンピースの中で、名前に「D」の文字が入る人物には重要な役を担う事が多く、

最終的に鍵を握っているという事に間違いないでしょう。

 

作中で、偉大なる航路の

「伝説の島」としてラフテルという島が公表されました。

 

そしてこのラフテルに行くまでの方法も解明され、

いよいよ麦わらの一味もラフテルに近づく!?という所まで話が進んでいます。

 

そんな伝説の島「ラフテル」と、

Dには様々な関係があるという事を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

伝説の島「ラフテル」とは!?

 

現在「ワノ国編」が行われており、

この次が「ラフテル編」になるのではないかと考えられます。

 

事実上の最終章に突入するでしょう。

 

このラフテルという島は「グランドライン突入編」で、

クロッカスという元ロジャー海賊団の船医によって、

その存在が明らかになりました。

 

ラフテル

 

歴史上でもロジャー海賊団しか確認が出来ておらず、

「伝説の島」とされている。

 

その後、4つのポーネグリフを解読することで島が「浮き上がる」という事が公表され、

新世界編では多くの海賊達がラフテルを目指して旅をしているのです。

 

ラフテルという島は、「グランドラインの最果ての島」

「伝説の島」「浮き上がる島」という事が分かっています。

 

 

「D」がラフテルに関係している伏線とは!?

 

ラフテルという島が最終地点で、

「ひとつなぎの大秘宝」にも関係がある事はストーリーの中でも何となく見えてきます。

 

しかし、「D」の一族の素性や、「Dの意志」という部分に関しては、

全く知らされてなく、これがどうやらラフテルと大きく関係しているという

伏線が作中には見られます。

 

それは、「D一族」のイニシャルの頭文字に記されているのです。

 

 

スポンサーリンク

「D一族」のイニシャルから考えられる伏線!

 

まず、名前に「D」がつく人物を紹介します。

 

・「モンキー・D・ルフィ」
・「モンキー・D・ドラゴン」
・「モンキー・D・ガープ」
・「マーシャル・D・ティーチ」
・「トラファルガー・D・ワーチル・ロー」
・「ハグワール・D・サウロ」
・「ゴール・D・ロジャー」
・「ポートガス・D・エース」
・「ポートガス・D・ルージュ」

 

この9人が名前に「D」が入る人物です。

 

この中から、ロジャー(ROGER)、エース(ACE)、ティーチ(TEACH)、

ルフィ(LUFFY)の頭文字を並べると、「RATL」になります。

 

間に「F」と「E」が入れば「RAFTEL」(ラフテル)という文字が出てきます。

 

そして、「F」に関しては、

ドフラミンゴが入るのではないかと言われています。

 

ドフラミンゴ(ドンキホーテ・D・フラミンゴ)です。

 

そして「E」に関しては、まだ登場はしていませんが、

「七武海の最後の一人、海賊“例の男”」という事も考えれます。

 

頭文字を並べて「ラフテル」となるのは偶然ではなく、

最後に繋がる「伏線」と言えるでしょう。

 

 

D一族は、「月の民」と戦っていた!

 

ラフテルとD一族に関係があるとしたら、

様々な伏線が繋がってきます。

 

空島編後、月へ飛び立ったエネルにより、

「月の民」の存在が明らかになりました。

 

この月の民は、月の資源がなくなると、

地上(ラフテル)へ降り立ちます。

 

人類は月の民に支配されますが、非力な人類では使い物にならず、

月の民は悪魔の実を開発し、更には巨人族や魚人族を誕生させます。

 

しかし、その支配にも終わりがきます。

 

月の民が人類との間で子どもを授かるのです。

 

その子どもは、

月と人類のハーフ「半月」を意味する「D」と呼ばれるのです。

 

そのDの一族の中に、人類を奴隷のように扱う月の民を倒そうと、

反乱を起こす者が現れますが、月の民には敗れてしまい、

その後、月の民は「世界政府」を名乗ります。

 

それからはDの一族は「悪者」という情報が流れ、

真実を知らない人類からも迫害されます。

 

それからも月の民は「天竜人」と名乗り、

世界を牛耳る力を示したという仮説が立てられます。

 

この仮説通りだとワンピースの話の流れとも全てが繋がり、

最終的にはDの一族がラフテルを巡って

「月の民」=「世界政府」とラストバトルに発展するという展開が予想できます。

 

 

まとめ

 

いよいよ大詰めになってきたワンピースですが、

まだまだ謎や、知られていない情報も多いです。

 

しかし、伏線を繋げていくとラフテルが最終決戦の地であり、

D一族と大きく関わっているという事は間違いないでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事