スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

月刊少年ジャンプに掲載されている「ワンピース」は、

知らない人はいないというくらい大人気漫画です。

 

なんと累計発行部数が「3億6000万部」という、歴代第1位!

 

歴代2位の「名探偵コナン」の2億部を大幅に上回っております。

 

ワンピースと言えば海賊が夢を追い求め旅をし、

友情や奇跡を描いていくストーリーです。

 

その中で、ワンピースの主人公、「ルフィ」の航海を幾度となく妨げようとする、

「海軍」という組織がいます。

 

この海軍のトップ、元帥に位置するのが、

赤犬こと、「サカズキ」という男です。

 

この赤犬というキャラクター、

実はモデルになったある有名人がいるのです。

 

その有名人が一体誰なのか、

又、赤犬の強さや特徴についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

赤犬(サカズキ)とは!?

 

赤犬

 

元々は海軍の大将に位置していた赤犬ですが、

マリンフォードの「頂上戦争」の後、その時の元帥「センゴク」の後を継いだ男です。

 

「正義」という名の元に任務を遂行する海軍ですが、

徹底的な正義を信条とし、正義を貫くためには手段を選ばない部分もあります。

 

オハラにバスターコールをかけた際、

「知識を外部に漏らしたらいかん!」と、

 

一般市民が乗る避難船にまで大砲を撃つように命じたり、

頂上戦争ではルフィの兄「エース」を倒した事でも有名です。

 

正義のためなら何でもやるという点で、

同じ海軍の大将だった仲間とも対立するなど、

徹底的な正義を貫く、「一本気な男気」を見せるキャラクターです。

 

しかし、この一本気な男気が海軍の仲間や部下に恐怖を与えていたり、

読者の中でも、好き嫌いがハッキリと分かれるキャラクターの一人です。

 

 

赤犬の強さは!?

 

ワンピースと言えば「悪魔の実」の存在が欠かせません。

 

食べると超人的な能力を手に入れる変わりに、

一生カナズチという代償がつきまとう代物です。

 

ワンピースに出てくる強キャラはほとんどが悪魔の実を食べており、

様々な能力を秘めています。

 

赤犬もその一人で、「マグマグの実」の能力者で、

体をマグマに変えて攻撃する、「自然系悪魔の実」の中でもトップクラスの強さを誇ります。

 


 

スポンサーリンク

赤犬のモデルとなった有名人とは!?

 

ワンピースには、様々な噂や憶測、

都市伝説が後を絶ちません。

 

それ程、熱狂的なファンが多いという事です。

 

そして、赤犬のモデルとなった有名人とは、

「菅原文太さん」と言われています。

 

漫画で見る赤犬と、菅原文太さんの写真を見比べてみると、

実際にそっくりです(笑)

 

赤犬 菅原

 

菅原文太さんと言えば、「仁義なき戦い」や「トラック野郎」といった映画作品に出演し、

「男気あふれる演技」が印象的です。

 

赤犬と菅原文太さんに共通する部分は顔が似ているだけでなく、

一本気な男気という面も共通しています。

 

「仁義なき戦い」で菅原文太さんが演じた「広能昌三」の一本気な男気と、

赤犬の「正義を貫く」という点は共通する部分があります。

 

又、菅原文太さんの誕生日と、

赤犬の誕生日は、8月16日で同じなのです。

 

更に、赤犬と菅原文太さんの刺青が彫られている場所も一緒だったりと、

共通点が多くあります。

 

 

まとめ

 

日本を代表する漫画「ワンピース」は、

都市伝説や、ストーリーの先読みなど、ネット上でも話題がつきません。

 

今回紹介した、赤犬のモデルは菅原文太さんというのは、

都市伝説ではなく、「事実」です。

 

作者の尾田栄一郎さんも作中で認めており、

「仁義なき戦い」の時の菅原文太さんの顔を使いたかったと話しています。

 

しかし、赤犬は常に帽子を被っており、

菅原文太さんの特徴的な「角刈り」を表現する事が難しく、

「少し分かりずらい、自己満足です」と尾田栄一郎さんは話しています(笑)

 

まだ漫画やアニメを見た事がないという人も、

そのストーリーだけでなく、様々な面で話題の絶えない

「ワンピース」はハマること間違いなしでしょう。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事