スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

2歳という時期は身体的機能だけでなく、

言葉などの発達も顕著に見られ、

ついつい「周りの子と比べてしまう時期」になってしまいがちです。

 

同じ2歳の子でも、良く喋る子もいれば、

身体が大きい子もいたりと、様々です。

 

そうと分かっていても、我が子に比べて周りの子の方が成長していると感じてしまうと

「我が子は大丈夫なのか!?」と、不安になってしまう人もいるでしょう。

 

今回は、そういった不安を少しでも取り除けるように、

一般的な2歳児の体重や身長、発達の特徴などを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

2歳児の平均身長

 

 

「2歳の男の子の平均身長」

 

・2歳0ヶ月→85、4㎝
・2歳1ヶ月→86、2㎝
・2歳2ヶ月→86、9㎝
・2歳3ヶ月→87、6㎝
・2歳4ヶ月→88、3㎝
・2歳5ヶ月→88、9㎝
・2歳6ヶ月→89、6㎝
・2歳7ヶ月→90、2㎝
・2歳8ヶ月→90、8㎝
・2歳9ヶ月→91、5㎝
・2歳10ヶ月→92、1㎝
・2歳11ヶ月→92、7㎝

 

「2歳の女の子の平均身長」

 

・2歳0ヶ月→84、3㎝
・2歳1ヶ月→85、0㎝
・2歳2ヶ月→85、7㎝
・2歳3ヶ月→86、4㎝
・2歳4ヶ月→87、1㎝
・2歳5ヶ月→87、7㎝
・2歳6ヶ月→88、4㎝
・2歳7ヶ月→89、0㎝
・2歳8ヶ月→89、6㎝
・2歳9ヶ月→90、3㎝
・2歳10ヶ月→90、9㎝
・2歳11ヶ月→91、6㎝

 

男女共に、2歳から3歳までの1年間で、約8、0㎝伸びます。

 

女の子よりも男の子の方が

平均身長が高い事もわかります。

 

 

2歳児の平均体重

 

 

「2歳の男の子の平均体重」

 

2歳0ヶ月から2歳6ヶ月→12、07㎏
2歳6ヶ月から2歳12ヶ月→13、12㎏

 

「2歳の女の子の平均体重」

 

2歳0ヶ月から2歳6ヶ月→11、55㎏
2歳6ヶ月から2歳12ヶ月→12、58㎏

 

 

スポンサーリンク

2歳児の発達の特徴

 

 

「全身運動」

 

 

・歩行の安定、走る、跳ぶ、登るなどの動きを好み、活発に動く
・両足跳びが出来るようになる
・マットや布団の上で、横転が出来るようになる
・音楽に合わせて、歩行スピードを変えたり、走ったり、止まる事が出来る
・鉄棒に10秒ほどぶら下がる事が出来る
・外遊びや、泥遊びを嫌がらずに楽しむ
・お母さんを真似て、簡単な手遊びを楽しむ

 

 

「手先、指先運動」

 

 

・スプーンやフォークを使おうとする
・靴の着脱が出来るようになる
・ゴミ箱にゴミを捨てる事が出来る
・ハサミを正しく持ち、一発切りなどの簡単な作業が出来る
・クレヨンを使い、丸や線などを書く事が出来る
・折り紙を丸めたり、簡単に折り曲げる事が出来る

 

 

「知能」

 

 

・5個のブロックの中から、「2個」とる事が出来る
・動物や野菜、先生の名前など、身近な物に興味を持ち覚えようとする
・自分の身体の部位が分かる(頭、肩、足、手、お腹など)
・色の名称が分かるようになる(赤、黄、青、緑など)

 

 

「言葉」

 

 

・大人の言う事が理解ある程度理解でき、自分の気持ちも言葉では表現できるようになる
・名前を呼ばれて返事をする
・日常の挨拶を覚える(おはよう、ありがとう、おやすみなさいなど)
・遊びの中で必要な言葉を覚えたり、しぐさで表現する

(ちょうだい、かして、どうぞ、ありがとうなど)

 

 

これらの特徴はあくまで「目安」なので、

全てクリアできていなければならないという物ではありません。

 

 

まとめ

 

 

2歳という時期は周りの子どもと比べてしまいがちですが、

周りの子どもと我が子の成長の度合いを比べるよりも、

紹介した「平均身長」「平均体重」「発達の目安」に照らし合わせた方が良いです。

 

2歳児は個人差も激しく、

特に同じ2歳でも月齢の違いで大きく発達が異なります。

 

3歳になると一気に成長する、というパターンも十分考えられるので、

月齢通りの成長過程を踏んでいないからといって、過度な心配も不要です。

 

「発達の目安」の部分では、

特に保育園での様子です分かる事が多いです。

 

もし、気になる面があれば、

担任している保育士から必ず相談があります。

 

相談があった際には真摯に受け止め、

必要に応じて医療機関などと連携をとると良いでしょう。

 

 

子育て記事まとめはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事