スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

「アンパンマンの○○が欲しい!」「ラジコンが欲しい!」

「スマホのおもちゃが欲しい!」・・・

 

現代の子ども達に「誕生日のプレゼント何が良い?」と聞くと、

こういった答えが多いでしょう。

 

もちろん年に1回の誕生日なので、欲しいものを遠慮なく買ってあげたい所ですが、

今回は「エコ」をテーマに考えてみます。

 

最近のおもちゃは高性能で値段も高い、高性能が故に、

落とした衝撃などで壊れた後のショックが大きい・・・

 

戦隊ものであれば、入れ替わりが激しく、新しい商品が出るたびに、

高額で買った物は押入れの奥に閉まったまま・・・

 

なんてこと、あるあるですよね(笑)

 

特に飽きやすく、注意散漫ですぐにおもちゃを壊してしまう

「2歳児」を対象に、現代のあるあるを覆す、長持ちして楽しめる、

おすすめ手作りエコおもちゃを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

手作り秘密基地

 

 

2歳児にもなると、

手先も器用になり大きめのブロックなどを使い「家」を作ったりします。

 

しかし、ブロックだと少しの衝撃で壊れたりし、

イライラの原因、ブロック離れの原因にもなってしまいます。

 

そんな2歳児には段ボールを使った

「手作り秘密基地」がオススメです。

 

使う道具は段ボール、ハサミ、カッター、ガムテープといった所で、

コストも抑えられ、段ボールもスーパーなどでもられるのでかなり「エコ」です。

 

一人ですべてを作る事は難しいので、

ある程度の土台は大人が作ってあげましょう。

 

四角で囲い、屋根などをつけてあげれば子どもは大喜びです。

 

土台を作ってあげればあとは子どもが

自分で考えてアレンジしていきます。

 

その時は必要に応じて素材を用意してあげましょう。

 

「自分だけの部屋」という感覚は、子どもにとってとても嬉しく、

物作りの興味関心を高めながら、長く遊べます。

 

 

夏場に重宝!水遊びグッズ

 

 

夏場は自宅のベランダでプール遊びや

水遊びを楽しむ家庭も多いでしょう。

 

夏が来るたびに水鉄砲などの

水遊びグッズを買い与えてはいませんか?

 

そんな時にはペットボトルを使って

水遊びグッズを作っちゃいましょう。

 

ペットボトルを半分に切り、

下部に数カ所穴を開ければペットボトルの「シャワー」が作れます。

 

また、ペットボトルのキャップに穴を開ければ、

ペットボトルを強く押せばそこから勢い良く水が出てくる「水鉄砲」の出来上がりです。

 

水を入れる際には自分でキャップの開け閉めを行うので、

手先の運動にも繋がりますし、ペットボトルはマジックで絵や模様を描く事が出来るので、

オリジナルの水遊びグッズが作れます。

 

2歳児は「自分だけの物」という事が大好きです。

 

 

スポンサーリンク

お家の中で魚釣り!?シーズンオフのビニールプールを活用

 

 

夏場に使ったビニールプールは

シーズンが終わると使い道がありません。

 

大きさによってはビニールプールも良い値段がするので、

それでは勿体ないです。

 

そんな時はビニールプールを使って

「魚釣り」を楽しみましょう。

 

画用紙に魚の絵を描いて切ります。

 

その魚の絵にクリップを付け、それをいくつか作ったら

ビニールプールの中に入れます。(ビニールプールには水は入れませんよ)

 

釣竿は、棒状の先に糸を付け、

糸の先には磁石を付けて出来上がり!

 

これだけで「魚釣り」が楽しめます。

 

ビニールプールに入れる魚は、何でもOKです。

 

子どもが自由に描いた絵を入れても良いし、まだ魚を書く事が難しければ、

画用紙に魚の絵を描いてあげて、それに色塗りをさせても良いでしょう。

 

また、釣竿作りでは、竿の部分を散らしで

「剣」を作らせるのもオススメです。

 

この魚釣りには、2歳時の発達段階を踏まえた動き

(剣を作る手先の動き、絵を描く、色を塗る)がたっぷり含まれているのです。

 

 

まとめ

 

 

今回紹介したエコなおもちゃは、

お父さんお母さんが作ってプレゼントしても絶対に喜ばれますが、土台を作ってあげるだけで、

子どもが自分自身で考えてどんどんアレンジする事が出来るというのも大きな特徴です。

 

2歳児という時期は好奇心がとても旺盛なので、作り上げられた既存のおもちゃよりも、

自分で考えた事が思い通りになった時の喜びの方がとても大きいです。

 

子どもが喜ぶ、子どもの発達を促す、長持ちする、

そして「エコ」なおもちゃで子どもと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

子育て記事まとめはこちら

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事