スポンサーリンク

 

はい、どうもFTCの小山です。

 

 

今回は「NHKの放送受信料」について調べてみました。

 

 

中には、「受信料の支払いを忘れてた!」

なんて方もいると思います。

 

 

他にも「なんで受信料なんて払わないといけないの?」

と思っている方もいますよね。

 

 

 

そんな疑問が数多く上がってくる

NHKの受信料についてご紹介したいと思います。

 

[quads id=2]

 

スポンサーリンク

NHK受信料とは?

 

そもそもNHK受信料って何?と思う方もいるとお思いますので

ご説明したいと思います。

 

 

まず、NHKの受信料は大きく分けて2つあります。

 

 

1つ目が地上契約です。

 

地上契約というのはその名の通り

地上放送(NHK)などの放送が見れるようになる契約のことです。

 

 

2つ目が衛星契約です。

 

衛星契約というのは地上放送の他に

BSなどの放送が見れるようになる契約の事を言います。

 

 

まぁだいたいのご家庭は

地上契約をしているんではないでしょうか(´・ω・`)

 

 

NHKの料金について

 

NHKの受信料金は以下のようになっています。

 

【振り込み式の料金】

  • 地上契約(1ヶ月)・・・1,310円
  • 地上契約(1年)・・・14,545円
  • 衛星契約(1ヶ月)・・・2,280円
  • 衛星契約(1年)・・・25,320円

 

【口座引き落としの料金】

  • 地上契約(1ヶ月)・・・1,260円
  • 地上契約(1年)・・・13,990円
  • 衛星契約(1ヶ月)・・・2,230円
  • 衛星契約(1年)・・・24,770円

 

料金表を見ていただくとわかると思うんですが、

地上契約よりも衛星契約のほうが料金は高くなっています。

 

 

また、1ヶ月ずつ払うよりも

1年分まとめて払ったほうが少し安くなっています。

 

 

さらに振り込み式で支払うよりも

引き落としにしたほうが50円安くなっています。

 

これにはNHK側の戦略があって、

コンビニ払いにしてしまうともし支払いたくない人は、

 

コンビニに行かなければいいだけですが、引き落としの場合だと

本人の気持ちに関わらず口座から引き落とすことができるためです。

 

恐るべしNHK・・・(^_^;)w

 

僕は口座引き落としよりも

振り込み式にしたほうがいいと思います。

 

[quads id=2]

 

スポンサーリンク

滞納するとどうなるのか?

 

それではNHKと契約しているにも関わらず

放送受信料を滞納するとどうなるのか?ということなんですが、

 

とりあえず滞納者の家に

未払い分の請求書が何度も送られてきます。

 

そして、自宅にNHKから委託を受けた会社の職員が

訪問に来ます。

 

 

これが滞納した際の

メインとなる流れになります。

 

 

これがもし4~5年滞納していたとすると

簡易裁判所名から「支払い督促」が届きます。

 

 

この支払い督促が届いてから2週間以内

「異議申し立て」を行わないと、

 

NHKの勝訴となってしまい、

財産等を差し押さえられてもおかしくない状態になってしまいます。

 

 

このような状態にならないためにも

すぐに「異議申し立て」をすることをオススメしますし、

むしろしっかりと受信料を支払うことをオススメします。

 

 

ちなみにですが、何年滞納したとしても(時効が5年のため)

過去5年分の金額しか請求されないそうなので

地上契約なら8万円。

 

衛星契約なら14万円ほどが上限だそうです。

 

 

まぁこうなる前に支払っておきましょう(^_^;)

 

 

まとめ

 

生活が苦しい人はNHKの受信料といえども

なかなか馬鹿にはできない

支払いになってくるのではないでしょうか。

 

 

滞納してしまったら大変なことになるので

余裕があるうちに早めに支払っておくといいでしょう。

 

 

記事をご覧いただきありがとうございました。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事